新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

アマランサス

こんにちは音譜


突然ですが、皆さんアマランサスって知っていますか!?


実家の母が送ってくれて、私も最近知ったのですが

かなりの優れものだそうです得意げ




効果が気になり調べてみましたひらめき電球

↓↓↓


NASAが認めるスーパーフードのキヌアが有名になりましたが、アマランサスも同様に栄養価が豊富な「スーパーグレイン(驚異の穀物)」とも呼ばれている擬似穀物。世界保健機構(WHO)ではアマランサスを「未来の食物」と称しており、NASAでも宇宙飛行士の食料として取り入れられたりしていま。栄養価的にもアマランサスはキヌアは甲乙つけがたいほどの高栄養価穀物。


日本では江戸時代くらいから東北で「赤粟(あかあわ)」として栽培されており、秋田県や岩手県産の完全無農薬のアマランサスを購入することができます。青森県の恐山で修行する修行僧たちがアマランサスを食べながら修行していたことから「仙人穀」と呼ばれたという説もありますよ。


ちなみに穀実用や野菜用、観賞用など十種類弱の品種があり、野菜として食される葉の部分もタンパク質含有量が多く「熱帯のホウレンソウ」と言われています。「莧菜(米莧)」という名前で中華料理に使われるようです。日本のスーパーでもアマランサスの葉をおいているところが増えているようです。

アマランサスの歴史

アマランサスの原産地もキヌア同様に南米ペルー。古代インカ帝国で紀元前5000年頃から栽培されており、豆類・トウモロコシと並ぶ貴重な食べ物だったと伝えられています。宗教的な儀式に用いられることもあったようです。

16世紀にスペインによってインカ帝国が征服されると、宗教的にも重要な持っていた食用アマランサスの栽培は禁止されてしまします。
しかし観賞用食物として16世紀にヨーロッパへ伝わり、農耕に適さない地でも栽培が可能であることからインドやネパールなどで栽培が行われるようになります。日本にも江戸時代に観賞用として伝来し、江戸自体末期には東北地方で「赤粟」として小規模ながら栽培が行われていたことも分かっています。


970年代には、アメリカ科学アカデミーがアマランスやキヌアを将来有望な経済作物としてとりあげ、ごく一部の地域でしか栽培されていなかったアマランサスも再び脚光を集めます。
その栄養価の高さや、グルテンフリーな点、アレルギー反応が少ないことからアトピー性皮膚炎の改善食としての利用など様々な面で注目されヨーロッパやアメリカを中心に健康食として需要が高まっています。



t02200293_0240032013566049440


地元、岩手で作られているのを知って嬉しくなりましたラブラブ


味はほとんど無いのでご飯に入れて一緒に炊いてもOK!!

お料理に入れたり、いろんな使い方が出来ますおにぎり


しばらく続けてみようと思いますニコニコ



アンパンマン

 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る