新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

結果を出せないスピード脱毛

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

結果を出せないスピード脱毛

 

毛の周期の話は

さまざまなクリニックのホームページなどで

目にしたことがある人は多いとことでしょう。

 

毛が伸びて、抜けて、また生えて・・

を繰り返してる図です。

 

いろいろなところに載っているので

ここではくどくど書きません。

周期に関連したお話を少し。

 

周期を考えて行わないと脱毛は効果がガクンと落ちる!

という説。

 

よく言われている周期 毛周期には

完全に従わなくてはいけないわけではありません。

 

感覚はけっこう空いたとしても

まず普通は問題にならないからです。

 

でもやっぱり周期にはある程沿っていかなくちゃいけない。

ココでいう周期とは

 

期間をあまりあけずに早く行うと

脱毛の効率・効果はかなり下がってしまうという事なのです。

 

 やっぱり2~3か月がスタンダードかな、と。

 

別にレーザーを照射するだけであれば

けっこう早くてもいけます。

大部分の人が10日もあければ肌に負担もかからず

害もなくいけることでしょう。

でも脱毛効果はめちゃめちゃ落ちます。

 

毛が生えてくるのを待たなきゃいけないわけです。

毛がないと反応できない。

 

でも僕の経験から言うと

間隔あけないで照射を繰り返した場合

 

一時的には、伸びてこない。

 

という状態にはしやすいです。

でも 実は脱毛ができてないのです。

 

エステで2週間おき、という感じで行っていた人なんかは

けっこうつるつるだったりします。

ただし一時的。

 

時間が経つと毛が生えてあんまり変わっていなかったり。

これは毛が復活したわけでもなんでもないです。

毛がちょっと休んでいた、休まされていたという程度の話です。

サロンの弱いエネルギーでもこれくらいならできます。

脱毛じゃないですね。

 

ここでクリニック選びのコツの一つ

短い間隔でできる、次の夏はツルツル的なことを書いてあるところは

イマイチのところである確率は高いです。

ここはチェック。

 

 

体なら2~3か月

顔は1か月

なんてのがスタンダードでしょうか。

 

でも、6か月空けろ、というクリニックもあります。

ちょっと気の遠くなる感じはないでもないですが

間違い、とは言えない。

6か月あけても問題はないからです。

むしろいい、と考えている医師もいるわけです。

早くやるのとはまた違いますね。

でも3、4回目行うのが2年後、なんていうんじゃちょっと切ない。

 

はじめは2~3か月でよいかなと。

でもいいエネルギーできちんと行い続けていると

伸びが遅くなるので

回数がだいぶ進んだ時にはもう少し間隔を空けた方が

脱毛効率は良くなります。

 

結論としては

「急がば回れ」 そこが逆に早道だと。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る