新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

平行型、末広型 どちらが合う目か

初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい
最近は平行型を希望される方が多いのは事実。
ただ、目によってはあまり似合わなかったり、ラインがきれいにでない、すぐ戻る、などといった場合もあります。
平行型、末広型 がわからない人は下をクリックして関連記事を読んでみて下さい。
平行型の説明&写真のブログこちらから
末広型の説明&写真のブログこちらから
末広型のラインの特徴としては、目頭側のラインがくっついていたり、隠れていたり(ラインが目の途中からはじまる感じ)がいえます。
そうなりやすい目には理由があります。
目頭側にラインをひっぱる部分、突っ張っている部分(蒙古ヒダというヒダ)があるからです。
このひっぱりが強い目の人はなかなか平行型になりづらい。
目頭切開、という手術の名前はよく出てきますが
これは目を大きくする手術というよりは
このひっぱる部分を解除してつっぱりをなくす手術なのです。
細かく言うと
平行型が似合う人は、つっぱる部分(ヒダ)が強くない人
似合いにくい、なりにくいのはつっぱりが強い人
と言えます。
だから、
目頭切開、というのは平行型になりにくい目の人が、なりやすい目になるための手術ということです。
末広型のほうが落ち着いて見えるので好き、という方もいるし
平行型のほうが優しく見えるので好き、という方もいます。
どちらがいい、偉い、などということは無いです。
狭い、広い、にしてもそう。
答えは本人がどちらが好きか、です。
そして 手術、となればどちらのラインが可能か、というのもかかわってきます。

どんなラインが可能か、というのはカウンセリング時にシミュレートでわかります。
ラインによっては埋没法だけでなく
目頭切開を組み合わせる必要があったり
全切開をする、という必要があるかもしれません。
もちろん、埋没法のみで出来る限りを行う、という人が多いのが事実。
どんなことが必要なのか、というのもカウンセリング時に診断できます。
きちんと話し合ってきめていくのが一番、です。
無理にすすめることはしません。
でも、必要なことは教えます。
どこまでやるか、ではありますね。
PS 
>あかりさん
体験談送ってくださりありがとうございます。
痛みはがあるときもあったけど、毛抜きで毛を抜かれたぐらいだった
とのことで、強い痛みがなく、喜んでもらえてこちらも嬉しいです。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る