新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

末広型のラインで目を生かす

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください
ブログを読んではじめて知って、来院してくださる患者様が増えてきて非常に嬉しいです。
ブログ記事はたくさんの量がありますが
さまざまな目の写真を見ると、非常に参考になるのではないかな?と思います。
自分の希望するラインに近い写真
術前の目が自分の目に似ている写真
などなど・・
ということで
今日もお写真をみていきましょう。
まずは術前写真。
手術前
右は奥二重のラインが見えますが
左はすこしはっきりしません。
もっと広い末広ラインを希望、ということで埋没法を左右両方の目に施しました。
手術直後のお写真を見てみましょう。
手術直後
大きな腫れは無いですが、むくんで腫れてるな、という印象です。
ダメージを極力減らした手術を行っているので純粋な腫れ、というのは少ないのですが
写真をよく見るとわかるように、やや目の開きが悪くなっています。(細かいですが)
糸をつけたことにより、目を開ける筋肉が一時的に動きが弱くなっているわけです。
これが出やすい人出にくい人分かれますが、少しするとおさまってきます。
いつも書いているように、1,2時間後にお写真を撮らせてもらえばその時点でもけっこう違います。
筋肉のほうがどんどん慣れてくるわけですね。
強いダメージによる腫れの場合は
1,2日後のほうが大きくなるのでしょうが
ダメージをなるべく減らした場合
腫れのピークは直後
もしくは翌朝(寝起きのむくみもあるし、一晩寝て起きるとまだ筋肉が完全に慣れていないということで少し目が下がる場合もあるため)
というところでしょう。
では最後に1週間後のお写真です。
一週間
ラインも開きも落ち着いているし
メイクをすると目が大きく、かつラインが広すぎるようには見えないです。
派手なラインでなくともこのように目を生かすことは可能なわけです。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る