新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

片目のみの施術で揃えていく。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください
左右の目で違いのある場合
埋没法で左右を整えることが可能なケースも多いです。
もしも片方の目だけ明らかな眼瞼下垂がある場合は
(目の開き自体に強く差がある場合)
開きに対する手術を行わねばならないですが
埋没法で可能なケースのほうが、割合としては圧倒的に多いかと思います。
今回はそういったケース。
手術前のお写真から見てみます。
手術前
左ははっきりとラインの見える二重。
右は狭いライン、と差があります。
この差を埋めるべく左右を合わせるようにしてデザイン。
右の目に対して埋没法手術を行いました。
では、手術が終了した直後のお写真です。
直後
手術してすぐ、といってもかなり左右の差がなくなっているのがわかります。
ほとんど腫れていない、といっていいかもしれません。
(細かく言えば腫れてはいますが)
この時点でもすでにいい感じです。
では1週間後のお写真も見てみましょう。
一週間
細かい部分で見れば差は出てくるかと思いますが
ラインが出やすい場所、なりやすい場所をうまく見つけてあげて
そこでラインを出していく方が無理やり合わせるよりも自然で持ちも良いです。
お写真を見ても非常に良い感じですね。
差のある目の左右を揃える。
確かに厳密には目は左右でも違うため
まるっきり同じ、というようにはならないかもしれないけれど
こういったように差を埋めてあげれば
バランスが取れて、良いのではないでしょうか!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る