新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

半年がたちました。

当院も今日でちょうど半年となりました。
来院してくださったたくさんの方々に心から感謝です。
まだまだ半年ですがこれからもがんばります。
今日は、通常の手術を受けた方々の他に
他院で行った埋没法の糸を取る手術を1件行いました。
糸をつけたら目の開きが悪くなってしまって、すごく腫れて見える状態になってしまった
人工的に眼瞼下垂の状態になってしまったわけです。
いわゆるガチャピン状態ですね。
ガチャピン状態、参考お写真例はこちらの記事を読んでみてください。
さまざまな人の施術をすると・・
「腫れない手術」を行っても
どうしても筋肉に負担がかかって、目が下がってしまう方もいらっしゃいます。
ただ、「腫れる手術」の場合にはほとんどのケースで目が下がり、すごく腫れて見えてしまうのです。
この場合、時間をしばらく待ってみるか、糸を取るかどちらかです。
2週間~3週間くらいでおさまるケースもあるからです。(結構長引く場合もあります)
ただ、はやく落ち着かせたい場合は糸を取ってしまうのが第一選択になるかと。
今回も最小限のダメージで終わらせられるよう留意して
糸を抜去しました。
他院での施術の糸を取るのは、
どこだかわからなかったり
無茶な締め付け方をしている「腫れる手術」だとすごく取り出しにくかったり
大変なことも多く、それでダメージが増えてしまうこともあるのですが
今日の患者様の場合は、かなりスムーズに取り出すことができて
糸で起きていた眼瞼下垂もその場で治り、ほぼ元通りの目に戻り、非常に喜んでいただけました。
(モニターではないのでお写真はないです、残念!?)
一度手術で目が変に腫れた、という体験をしていただけに
当クリニックに来院するのも怖かったことと思います。
でもその恐怖を乗り越えた、そのことが尊いです。
あきらめない気持ち。
その気持ちをこちらも感じて、できる限り最大限の施術ができた、と思うのです。
僕もあきらめません。
長く続けていくと手術の副作用、というものは起きる場合があります。
でも、あきらめない。
あきらめないで患者様と共に頑張り通していく。
半年たっても、何年たってもその気持ちでいきたいです。
口先だけにならないように
このブログもウソだった、なんて言われないように
これからもいつも通り貫くので
ブログファンの方々(いるのかな?)応援よろしくお願いします。
まあ自分の名前のクリニックだし逃げようにも逃げらんないので
半端なことはできないですね!!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る