新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

全切開法+目頭切開の一例

今回は目頭切開と全切開法を同時に行った例です。
手術前のお写真、1カ月目のお写真を見比べていきましょう。
まずは手術前。
手術前
蒙古ヒダがわりとはっきりしているタイプ。
蒙古ヒダのつっぱりが多いと
隠れている白目の部分も多くなります。
目頭切開を行うと、その隠れた部分が出てくるわけです。
1カ月目のお写真で比較してみましょう。
一ケ月
術前のお写真と比べると
目の横幅、目頭の形が結構変わったのがわかります。
目と目の間も、横幅が変わったことにより
近づいていますね。
まだ傷は完全ではないものの
目頭部分もそこまで目立ちません。
少しずつ、更に落ち着いてきます。
目頭切開の効能がわかりやすい例では、と思います。
全切開により、ラインも生み出されているのもわかりますね。
蒙古ヒダのつっぱりが強いと
そこに引っ張られてどうしても末広型になりやすいのですが
目頭切開でヒダが解消され
ラインも平行型として出ています。
極端なラインではないですが
ある程度の広さがきちっとあり
アイラインを引いても幅がしっかり見えますね。
目頭切開と全切開を組み合わせ
縦・横、共に目を大きくした、という例でした。
大きな変化を望む場合は
こういった組み合わせは有効です。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る