新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

しっかりと主張するラインを埋没法で生み出す!

ドクター松井クリニック 松井です。
夏休みシーズン、なかなか忙しい日々が続きます。
カウンセリングのご予約ははやめにお取りください。
初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
今回のお写真は
きちんと主張するライン。
アイラインをひいても幅が見えるような広さが欲しい
なんていう風に言われることは多いです。
そういった感じの症例なので
参考になる、という人はかなりいるのではないでしょうか。
まずは手術前のお写真から見ていきます。
手術前
左右で少し違いはありますが、両方ともラインは存在しています。
普段はもっと広いラインにしているので
そこを埋没法でしっかりと固定させたい、という希望です。
ということで埋没法を両目に行った直後のお写真を見ていきましょう。
直後
左右共に平行型の幅のあるラインが生み出されています。
まだ少し腫れもありやや広いですが
左側のほうが少しだけ目の開きが弱まっているかな?という感じです。
ちょっと腫れが多く見えます。
それにしても大きなものではないので、すぐに落ち着いてきます。
ということで最後は1週間目のお写真。
一週間
すっかり落ち着いて左右もそろいましたね。
2枚目に比べるとラインは一見だいぶ狭く見えますが
これはアイラインをひいたことによります。
ラインは少し狭く見えるようになっても、更に目を大きく見せているわけですね。
そしてアイラインで狭く見えても、まだきちんと幅があるライン、なのです。
化粧映えのする、いい感じのラインが生み出され
このように目が大きく映えているのです。
広めの幅、といっても極端なものでなければ
眠そうに見えることもないし
ちょうど良いくらいなのではないかなと思います。
もっと派手な化粧中心の人は
更に広めが良いのかもしれないし
もっともっとノーメイクに近い場合は
狭いほうが良いかもしれない。
自分の主張に合うラインを考えていくのがよいですね。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る