新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

目頭切開 左右差を考慮して整えていく!

ドクター松井クリニック院長の松井です。
現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。
初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
今回は目頭切開の症例です。
わりとしっかりと奥まで変化させた例です。
でも変化がものすごく大きいわけではありません。
もともとわりと蒙古ヒダの影響で隠れている部分が少なかったからです。
どういった感じの変化なのかを写真で見て行ってみてください。
ビフォー・アフターで比較していきましょう。
before 手術前が上
after 手術から1か月めが下です。
手術前
1か月
変化がわかりますか?
手術跡のキズ、という点で言うと
1か月の時点ですでにかなりわかりづらいですね。
右目の方が変化度が小、左目のほうが変化が大きいです。
もともとのお写真でもそれほど左右差は感じないですが
手術後、より揃ったのでは、と思います。
すごく大きな変化ではないかもしれません。
もとから涙丘といわれる目頭側の赤い粘膜部分がある程度見えており
隠れている部分が多くはないからです。
でもやはり蒙古ヒダの影響はあるので
ちょっととはいえ隠れている部分が出てくるよう
ヒダ部分を目頭切開で整えたわけです。
非常に自然で、良い仕上がりだなあ、と感じます。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る