新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

埋没法と目頭切開を組み合わせ、丸みを伴った平行型ラインを実現

ドクター松井クリニック院長の松井です。
現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。
初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
今回は目頭切開+埋没法。
タイトルにも記したとおり
丸みを帯びた目に変化させた例です。
手術前からお写真を見ていきます。
手術前
わりと目頭側の赤い粘膜部分は見えているのですが
下方向に突っ張る力の強い蒙古ヒダでした。
隠れている部分も多く
目と目の間を近づける、という意味でも効果が大と考え
目頭切開を両目に行うことを計画。
さらにはラインを広げて
もっと幅の広い二重まぶたを目指すべく
埋没法も同時に行いました。
手術から1か月後です。
一か月
目頭側のラインは広くないものの
蒙古ヒダのつっぱりによる下方向へ引っ張られたライン、というものではなくなり
平行型のラインになっています。
中心部分~目じりにかけてのライン幅も広がり
丸みをおびたラインに生まれ変わりました。
目が大きく見えますね。
まだ少し傷がわかる感じですが
どんどん落ち着いてきますし
その結果、かたちは更にナチュラルになっていきます。
落ち着いていくと戻ってしまうの?
という心配をされる人はいますが
きちんとした方法の目頭切開は傷が落ち着いていく、という意味での変化はあっても
形がもとに戻ってしまう、というのはありません。
たっだ引っ張るだけだったり、中途半端な方法では
傷はあるけど形がほぼほぼ戻ってしまう、というのは
十分にあり得ることなので注意が必要です。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る