新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

切れ長の印象を生み出す手術

こんにちは、松井です。
現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。
初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。
質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
今回は目頭切開のお写真。
切れ長の目に変化する姿を見ていきます。
まずは手術前からです。
手術前
左はもともとわりと粘膜部分も見える目頭ですね。
右もそう隠れている部分が多いわけではないです。
出来る限りしっかりめの変化をつけるべくデザインし
目頭切開を両目に行っていきます。
手術から1か月目です。
一ヵ月
けっこう横長の目に変化しました。
ちょっとの違いのような、でもしっかりとした変化。
こういった違い、変化を求める人もいらっしゃると思います。
変化には限界はありますが
もっと変化させない、ということは可能です。
どこまで変化させるか、を選択していくことが重要というのはいつも書いている通り。
この症例の患者様の場合
蒙古ヒダの突っ張りにより隠れている部分はそう多くなかったですが
できるだけ変化させたい、ということで
奥の方まで到達するデザインを施し、それに基づいて施術を行っています。
奥までしっかり変化させた結果
2枚のお写真を比較するとやはり結構な効果を感じます。
非常に良いですね。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る