新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

脱毛ができない人の特徴は?肌質や持病などに分けてご紹介

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

「肌が傷ついていたりニキビができていたりしても、脱毛を受けることはできるのかな?」と悩んでいませんか?

 

確かにお肌が炎症などを起こしている状態だと、施術をして肌荒れが悪化しないのかと不安ですよね。

 

この記事では、脱毛ができない肌質についてご紹介します。ご自身のお肌の状態で脱毛をすることができるのか知るためにも、ぜひ本記事を最後までご覧いただき、脱毛に関する知識を深めていただけたらと思います。

 

目次

 

脱毛ができない肌質の特徴

 

脂性肌・乾燥肌・混合肌など、様々な肌質がありますが、基本的に脱毛がNGとされている肌質はありません。
肌質というのはあくまでもお肌の特徴なので、脱毛に影響はありません。

 

基本的に機材を用いた脱毛ができないとされている方は、持病や何かしらの問題があると医師に判断された方のみです。

 

また、極端に乾燥している乾燥肌の方も施術の前の日などに保湿クリームなどを塗ることで保湿効果も得られ、極端な問題が生じることなく脱毛を受けていただける場合がございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

持病がある方は脱毛をできない場合もある

脱毛をできない場合がある方の特徴としてよく言われるのが、持病や疾患をお持ちの方です。

 

アトピーや火傷などで皮膚が荒れてしまっている方の場合ですと、脱毛施術により皮膚だけではなく内部の組織にも影響を与えてしまう恐れがあるため、医師から脱毛をするのは難しいと判断されてしまうことがあります。

 

他にも、糖尿病や心臓などに疾患をお持ちの方も機材を用いた脱毛が体に悪影響を及ぼす可能性があるので、しっかりとカウンセリングで細かく各部位を確認するクリニックをお選びください。

 

当院では「乾燥」「肌質」「脂質」などの多数にわたるヒアリングや診断項目をもとに、カウンセリングを行い、機材の照射や調整を行いますので、他院で脱毛施術が断られてしまった患者様でも、患者様の肌に合うオーダーメイドでの脱毛のご提案ができる可能性があります。

 

妊娠中の脱毛について

 

クリニックによっても変わりますが、妊娠中の方は脱毛を受けることができない場合が多々ございます。

 

基本的なリスクはありませんが、当院の方針では、妊娠している方へのレーザー脱毛施術はお断りしています。妊婦さんの状態にも変化はありますし、お腹の子供さんに与える可能性が全くないとは言い切れません。起こりえる全てのリスクを考えた上で施術はお断りしています。

 

脱毛を継続されている方の場合も妊娠期から授乳期まではレーザーはお休みいただき、その後であればいつでも再開できます。またカウンセリングであればいつでも問題はありませんので、肌にトラブルが起こったりその他にも何か心配な状況が発生すればいつでもお気軽にご相談いただきたいと思います。

 

その他脱毛している場合の周期についてですが、大体の目安として2ヶ月程度ブランクを設けるのが理想です。お顔については最低でも1ヶ月は空けるようにお勧めしています。脱毛を重ねるとそれ以上期間を空けた方が良い場合もありますが、期間を空けることで脱毛された毛が戻ることはありませんので、ご安心ください。

 

また妊娠中は産毛が濃くなったり、特に乳首やお腹周りの産毛は濃くなりがちですが、徐々にホルモンが安定することで、元の状態に戻る方もいらっしゃいます。

 

当院の医療脱毛について

 

ドクター松井クリニックでは熱破壊式ダイオードレーザーを使用しています。
熱破壊式のレーザー脱毛は20年以上の実績があり、蓄熱式の脱毛機器よりも効果が分かりやすく、細かなカスタマイズも可能な機器と言う点で採用しております。

 

波長や出力、ショット数などを部位によって細かく設定することが出来ますので、お肌の状態が不安定な箇所ごとに照射方法を変え、患者様一人一人のお肌のお悩み・状態に合わせたオーダーメイドの脱毛を行っています。

 

様々な脱毛クリニックに断られ続けてしまっている方、お肌のお悩みで脱毛を諦めてしまった方はぜひ一度カウンセリングにいらしてください。

 

まとめ

 

この記事では、脱毛ができない肌質や、断られてしまう状況にある患者様についてご紹介をしました。
安全かつしっかり脱毛をしたいという方は、是非当院のカウンセリングまでご連絡ください

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る