新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

【悲報】間違いだらけの自己流ムダ毛処理【トラブル多発】

【悲報】間違いだらけの自己流ムダ毛処理【トラブル多発】
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛アイテム別注意点

ムダ毛を安全かつ綺麗に脱毛するなら
プロの手に任せるのが一番です。
 
 
でもお金や時間の面で
やむを得ずセルフ脱毛、という人も多いのではないでしょうか。
 
 

ただセルフ脱毛で肌や毛穴を傷つけることもあります。
そこで、脱毛アイテム別に注意点をいくつかご紹介しましょう。
 
 
 
・カミソリ、シェーバー
手軽にムダ毛を処理できるアイテムとして人気です。
ですが剃った毛の断面が斜めになるために
次に伸びる毛が濃く見えることがあります。
 

電気カミソリは深剃りできる反面
肌を傷つけてしまって
乾燥やかゆみなどの肌トラブルを引き起こすこともあります。
お手入れ後には保湿をしっかりと行いましょう。
 
 
・除毛用タオル
背中など見えない部分のムダ毛のお手入れには
非常に便利なアイテムですが
摩擦で毛を絡み取っているので
肌には大きなダメージを与えます。
力を入れすぎないように注意しましょう。
 
 
・毛抜き、脱毛機
毛抜きや脱毛器は毛穴に負担を与えます。
無理矢理行ってしまうと
毛穴にばい菌が入って
炎症を起こしたり色素沈着を起こすこともあります。
 
 
・脱毛テープ
テープの粘着力によって毛を引き抜く際
肌の角質まで剥ぎ取ってしまうため
肌に大きなダメージを与えます。
肌が弱い人はなるべく避けたいお手入れ方法です。
 
 
 

セルフ脱毛によって起こる肌トラブルとは

肌や毛穴にダメージを与えやすいセルフ脱毛ですが
具体的にどのようなトラブルを起こすのでしょうか。
代表的な肌トラブルをいくつかご紹介しましょう。
 
 
・毛嚢炎(もうのうえん)
ムダ毛の処理で傷付いた皮膚や広がった毛穴から細菌が侵入し
炎症や化膿を起こします。
色素沈着などの原因にもなります。
 
 
・埋没毛(まいぼつもう)
皮膚内で体毛が発毛や成長をする症状です。
色素沈着や毛膿炎の原因にもなります。
いわゆる「うもれ毛」ですね。
 
 
・瘢痕(はんこん)
皮膚が固くなり、ざらつき、黒ずむ症状。
これらの肌トラブルを避けるためには
ムダ毛を処理する前に
石鹸などで肌を清潔にしてから行うことや
処理後は肌を冷やして
しっかり保湿を行うことなどが大切です。

お風呂で身体を温め
皮膚をやわらかくしてから処理を行うと
肌へのダメージが少なくて済むのでオススメです。
せっかくムダ毛処理をしても
肌トラブルで肌がボロボロになってしまっては
せっかくの努力が台無しです。
正しい知識を持って美しい肌を手にいれましょう!
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る