新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

オトナの女が意識すべきデリケートゾーンの4つのケア

オトナの女が意識すべきデリケートゾーンの4つのケア
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

デリケートゾーンは大切な人にしか見せない場所です。
いざという時のためにしっかりとケアしておきたいものです。
そこで、おさえておきたい女子のデリケートゾーンのエチケットを4点ご紹介します。
 

ムダ毛をケアする

下着や水着からはみ出ないように等
見た目を意識してデリケートゾーンのムダ毛をケアしている人は多いかもしれません。
 
でも実は清潔に保つためにも重要なのです。
ムダ毛を生やし放題にしておくと
見た目が悪いだけでなく
蒸れて悪臭の原因になることもあります。
 

全部の毛を脱毛したり
理想の形を残して余分な毛を脱毛したり
必要に応じて剃毛するなど
ケアには色々な方法がありますが
デリケートゾーンの肌は非常に敏感です。
自己処理が肌トラブルを引き起こすこともあるので
プロに任せて永久脱毛することをオススメします。
 
 

ニオイを防ぐ

デリケートゾーンのニオイの原因は
蒸れや汗、生理的なものなど様々です。

ニオイを防ぐためには
ウォシュレットやビデで頻繁に洗い
清潔に保つことが一番効果的です。
 

また、ニオイを防ぐタイプの石鹸を使うのも良いでしょう。
外出先でウォシュレットやビデが使えない場合は
ウェットティッシュで拭くのもオススメです。
デリケートな部分なので
刺激があまり強くないタイプのものを選びましょう。
 
 

かゆみを防ぐ

デリケートゾーンの蒸れなどで
かゆみに悩まされる人は多いのではないでしょうか。
かゆみを放っておくと湿疹になったり
悪臭の原因になることもあります。
 
 
かゆみが出た場合は
デリケートゾーンを清潔に保つことを心掛け
専用のかゆみ止めを塗ってケアするようにしましょう。
 
 
専用のかゆみ止めはドラッグストアで簡単に購入することができます。
また、それでもかゆみが治らない場合は
何らかの病気が隠れていることもあるので
専門の医師に診てもらうようにしましょう。
 
 

ニキビを防ぐ

お尻ニキビはお尻の頬だけでなく
デリケートゾーン近くにもできることがあります。
痛痒く、蒸れやすい部分なので
一度できると治りにくく、非常に厄介です。
 
 
いざという時に、男性をがっかりさせてしまうかもしれません。
お尻ニキビができる一番の原因は肌の乾燥です。
そのため、お風呂上がりにボディローションなどで保湿ケアをして
ニキビができにくい環境に整えることが大切です。
また、蒸れを防ぐためにムダ毛のケアもしましょう。
 
 
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る