新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛の痛みに対する麻酔は可能

医療レーザー脱毛の痛みに対する麻酔は可能
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛の痛みに耐えられない時は……

脱毛して面倒な自己処理とサヨナラ、と決心しても
痛みに敏感な人や
脱毛する場所によってはレーザー照射時の痛みに耐えられない人もいます。
 
 
その痛みがこわくて
医療レーザー脱毛をはじめられない人も多いんじゃないでしょうか?
 
 
特に、VIOラインのデリケートな部分や
 
脱毛が進むにつれて細くなった毛は
 
レーザーの出力を上げないと
 
脱毛効果が出にくいため
 
痛みを感じることが多くなってしまいます。
 
 
痛みを想像すると
心も体も緊張してしまって
施術が終わったらクタクタになってしまう人
そんな方のために、当院では、麻酔クリームのご利用をおすすめしています。
 
 
 
また、当院では最新の脱毛器「ライトシェアデュエット」を使用しており
痛みも少なく、施術時間も一般的な脱毛器の1/3程度になっています。
 
 
 

麻酔クリームの使い方について

麻酔クリームは
軟膏タイプの薬で
脱毛をする患部に直接塗り
ラップで包んで1時間ほど放置したあとに
施術を行います。
 
 
この方法は表面麻酔法と言いますが
麻酔後5~6時間は、患部がしびれた状態が続きます。
 
 
身体のごく一部だけに行うものなので
麻酔が効いている間に車の運転をしても支障はありません。
 
 
 
麻酔が切れた頃
医療レーザー脱毛をした痛みを少し感じることがありますが
やがておさまります。
レーザー照射に時間がかかる場所ほど
みなさんのストレスが高くなってしまうので
そんな時、私達は、最初から麻酔クリームをご利用いただくようご提案しています。
 
 
 
 

医療レーザー脱毛時の痛みを和らげるその他の方法は?

VIOラインの脱毛では
最初から麻酔クリームを使うことを勧めることもあります。
でもワキや腕のような場所では
レーザー照射時間がそれほどかからないので
施術前後に患部を保冷剤で冷やすことで
痛みを和らげることもあります。
 
 
 
「冷やす」ことは、一番手軽な痛み対策なんですね。
冷やすことで痛みの感覚を鈍くします。
 
 
 
最初は、この方法で試してみて
それでも痛みが我慢できない時は
遠慮なくスタッフにお知らせください。
レーザーの出力や照射間隔を調整し
なるべく痛みがないよう調整をしております。
ただ、慣れていくとVIO以外はほとんど問題なく行っていく方も多いです。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る