新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛を受ける上で注意すべきこと

医療レーザー脱毛を受ける上で注意すべきこと
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛契約前の無料カウンセリングとは?

私達のクリニックでは
初めて医療レーザー脱毛を受ける人達が
安心して脱毛を進められるように
カウンセリングを必ず行っています。
 

このカウンセリングは
契約前に無料で行っております。
医療レーザー脱毛について
仕組みや、受け方、脱毛前後の注意なども聞くことが出来るのです。
 

脱毛は、期間も費用もかかることなので
このカウンセリングを上手に利用して
納得が出来たら脱毛を始めてくださいね。
 
 

医療レーザー脱毛を始める時、注意することは?

医療レーザー脱毛を始める時に
事前にやっておくことは
毛をきれいに剃っておくぐらいです。

毛抜きを使って毛を抜くと
毛穴の中に毛が残らず
レーザーの光が反応しにくくなりますので控えて下さい。

医療レーザー脱毛を受けた後は
毛をひっぱったりすることはせず
そのまま自然に抜け落ちるのを待ちます。
 
施術を受けた肌は
レーザーの熱が加わったために
皮膚の表面が乾燥しており
少し腫れる、赤みを帯びることがあります。
このような時は、保冷剤で冷やします。
 
ある程度強めに赤みが出たとして
4~5日すれば肌は元通りになりますが
痛みや腫れが収まらない時は、診察を受けに来て下さい。
 
 
 

医療レーザー脱毛の大敵!? 日焼け対策を万全に

医療レーザー脱毛を始めたら
十分に毛をなくすまでに
最短でも1年半ぐらいはかかります。

この間、脱毛を受ける回数は6回を目安にして
ドクター松井クリニックでは
部位別のコースを組んでいます。

2~3カ月おきに医療レーザー脱毛を受けていくのですが
この間、一番注意しなければならないことは
日焼け対策つまり、紫外線対策です。
 
紫外線を浴びると、肌の水分が奪われ乾燥してきます。
また、紫外線の中でもUVAは
肌の内部に入り込みコラーゲン繊維を破壊して行くので
シワやたるみの原因となります。

UVAはこの他にも
メラノサイトを刺激して
メラニンを大量に作り出させるので
シミやソバカスが増えてしまいます。
 
医療レーザー脱毛をする時は
肌そのものもしっかり守る対策が必要ですね。
脱毛通院期間中は
直接肌に日光があたりにくいような服装と
ローションなどを塗って保湿を心がけて下さいね。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る