新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

施術後は炎症をとめる薬を塗布

施術後は炎症をとめる薬を塗布
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

レーザー「脱毛時の痛み」と「脱毛後の痛み」について

「脱毛は痛いですか?」と尋ねる方は、多いのですが、これは、レーザー照射時の痛さのことを心配されている方たちからの質問です。
レーザーを照射すると、そのエネルギーが毛のメラニンに吸収された後、熱に変わって毛根やその周辺の細胞を破壊します。
毛を作り出す細胞を破壊するので、脱毛効果を得ることが出来るのですが、これらの細胞を破壊するわけですから、痛みは当然あるんですね。
痛みがあるからこそ、脱毛が実現出来るワケなんですが、痛みは、施術後も2,3日は残ります。
脱毛をされる方には、施術後のケアもしっかりやってほしいと私達スタッフはお願いしています。

「脱毛後の痛み」について

医療レーザー脱毛は、そのエネルギーで毛穴周辺の細胞を破壊します。
照射する部位の中でも、ヒゲや脇、ビキニラインといった元々毛が太い場所は、レーザーを照射すると熱も多く発生するので、肌へのダメージ・リスクが高くなります。
ヒリヒリ感や患部が赤みを帯びて腫れることを炎症や炎症性浮腫と呼んでいますが、元々敏感肌の人だと、医療レーザー脱毛がきっかけとなり、炎症がおさまらなくなることがあります。
肌トラブルを事前に防ぐ為に、ドクター松井クリニックでは、施術が終わった箇所に炎症を止める薬を塗ってもらうようにお願いしています。
医療レーザー脱毛を受ける時は、施術中の痛みよりもその後の痛みに対するケアを怠らないことが大切なんですね。

肌のトラブルを防ぐために・・・

「敏感肌なんですけど、脱毛をやっても大丈夫ですか」
「アトピー体質なんですが、脱毛出来ますか」
肌が元々弱くて、脱毛をやりたくても始められるのかどうか迷っている人は、私達の無料カウンセリングを是非ご利用下さい。
松井医師が、みなさんの肌の状態を診断し、適切なアドバイスをさせて頂きます。
肌の弱い人は、施術前後のケアをきちんと行うことで、トラブルを防ぐことは可能ですし、もしトラブルが発生してもすぐに診察を受けていただけます。
お問合せお待ちしています。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る