新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

自己処理だと傷になってしまう・・・

自己処理だと傷になってしまう・・・
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

自己処理を続けていると、取り返しのつかない事態に・・・

几帳面な人ほど、マメに自分で脱毛をやろうとするあまり、取り返しのつかない事態になるリスクは大きいんです。
このような人達は、暇があれば鏡に向かってせっせと腋毛を毛抜きでぬくのが日課になっています。
でも、毛抜きでする自己脱毛は、毛を抜かれた後の毛穴がふくらんで盛り上がっていませんか?
そうなんです、毛抜きを繰り返していると、皮膚の表面がデコボコになってきます。
こうなると、毛がないのに毛穴が目立ってしまい、余計に周りの人達の視線を集めてしまうんですね。
もっと酷くなると、色素が沈着して肌が黒ずむこともあります。
カミソリで剃りすぎて、かぶれから酷い炎症へと悪化することも出てきます。
脱毛は確かにコストがかかりますが、お肌を守るためにも、是非早めに脱毛を受けて下さい。
ドクター松井クリニックでは、脱毛に関する無料カウンセリングを行っています。
お気軽にご利用くださいね。

自己処理が原因の肌トラブルについて

脱毛を自分でやっていると、様々なトラブルに合うことになります。
毛穴が膨らんで盛り上がるのもそうですが、毛が皮膚の表面から出てこなくなる埋没毛の数が増えることもあります。
埋没毛は、引き抜くタイプのシェーバーを使うと、よく起こります。
また、シェーバーで深剃りしすぎると、毛穴が傷つくことやムダ毛の毛先が尖ってしまい、埋没毛になってしまうことがあります。
埋没毛を無理に引っ張ることで、肌へのダメージがさらに大きくなってしまいます。

肌トラブルと医療レーザー脱毛

自分で脱毛を続けていると、知らず知らずのうちに肌トラブルを悪化させてしまいます。
私たちのクリニックでは、最初の無料カウンセリングで、脱毛の進め方と一緒に肌トラブルについても説明しています。
今、肌トラブルがある人も、少し自己処理を我慢して、徹底的に肌を治しましょう。
脱毛が完了すれば、毛がほとんどなくなるので、毎日のセルフメンテナンスにかけていた時間が軽減されます。
わずらわしさや肌トラブルのリスクから解放されるので、とても気持ちよくなります。
医療レーザー脱毛は、今や最もコストパフォーマンスが高い自己投資の1つになっています。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る