新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛は色素が濃いと難しい?

医療レーザー脱毛は色素が濃いと難しい?
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛は色素が濃いと難しい?

 

最近の医療レーザー脱毛は、少々色素が濃くても特に問題はありません。

普通にレーザーを照射することができます。

しかし、色素がかなり濃いものになってしまうと、色素にレーザーの光が集まってしまい、脱毛の効果を得ることができないケースがあります。

そういた場合には、医療レーザー脱毛とは違うものを選択することになるかもしれません。

最近では、しっかりとしたカウンセリングを受けることができるクリニックが増えていますので、まずはカウンセリングを受けて助言を受けることが大切です。

その上で、医療レーザー脱毛を行うかどうかを決めていくと良いでしょう。

当院でもカウンセリングはもちろん、契約前のご相談もお受けしています。
 
 

簡単にしていることが弊害になっている?

 

医療レーザー脱毛は黒いメラニンに反応する、という仕組み自体は非常に簡単に医療レーザー脱毛を行うことができるようにしています。

しかし、それが逆に医療レーザー脱毛を行えなくしてしまっているケースがある、ということに繋がっています。

その代わり、医療レーザー脱毛以外で対応できる施術も多くありますので、うまく組み合わせて考えていくと、特に問題なく行っていくことができます。
 
 

色素が濃い部分の脱毛は計画を立てて

 

色素が濃い部分の脱毛は、カウンセリングを行っていく中で、しっかりと計画を立てて行っていくことが大切です。

効果がないものを行ってもいけませんので、レーザーで対応する部分とそれ以外の脱毛で対応する部分をしっかりと把握すると良いでしょう。

また、医療レーザー脱毛以外にも、永久保証のものもありますので、こだわる必要は全くありません。

各々にメリットデメリットが存在しており、それをキチンと把握していれば、正しい選択ができます。

脱毛はそれ程怖いものではありませんが、効果に関してはまちまちであるケースが結構あります。

疑問に感じたことはカウンセリング時にしっかりと確認し。疑問点がない状態で医療レーザー脱毛を受けるようにしましょう。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る