新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

針脱毛とは

針脱毛とは
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

針脱毛とはどんなものなの?

針脱毛は医療レーザー脱毛や光脱毛が普及する前に、本格的な脱毛をしたい人向けに主流であった施術です。
簡単に説明すると、毛穴に直接電流が流れる針を刺し、毛根近辺のムダ毛を生やす細胞を破壊してしまいます。
つまり、これを行うことで、ムダ毛は生えてこなくなります。
根本的なムダ毛対策として最も確かな施術の1つと言えるでしょう。
しかし、最近では、この施術はあまり行われなくなってきています。
医療レーザー脱毛や光脱毛が普及したためということができますが、ではなぜその他の脱毛方法が普及すると、針脱毛が流行らなくなったのでしょうか?

針脱毛が衰退した理由

針脱毛の最大のデメリットは、なんといっても痛いことです。
かなりの苦痛を伴うもので、それがよほど気持ちの強い女性でないとこの治療を続けることができない、ということで、医療レーザー脱毛や光脱毛が開発されてからは、あまり行われなくなりました。
痛みがある代わりに、効果が抜群ということで仕方ないという面がありましたが、出来るだけ痛みも少なく効果も高い脱毛の方が一般的には受け入れられやすいのです。

痛み以外にも針脱毛のデメリットがあります

痛みが激しいということが利用者のデメリットでしたが、もう1つクリニック側にとってもデメリットとなることがあります。
それは、施術の時間が長いことです。
このデメリットは双方にとってあり、やはり時間が短い方が良いという利用者は多いです。
クリニック側も回転を考えると、やはり短時間で終える方がベストです。
そして、施術が終わった後に正常に戻れるのも、やはり医療レーザー脱毛や光脱毛の方が早いです。
それだけ負担が少ない施術であるとも言えます。
こういった面を考えていくと、医療レーザー脱毛や光脱毛がない時代は仕方なく行っていたが、同じように効果が期待できるものがあるのであれば、針脱毛を無理にする必要はない、という流れになっています。
ただ、発想は医療レーザー脱毛や光脱毛のもととなっていますので、必要な施術であったことは間違いありません。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る