新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

秋からの医療レーザー脱毛のススメ

秋からの医療レーザー脱毛のススメ
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛に最も適している時期

脱毛は夏に向けて行っていく、そういったイメージがあるかもしれませんが、実際にはあまりよくありません。
気持ちの面では当然、露出の多い夏にはムダ毛がない状態にしておきたいと考えますが、これは肌の状態をしっかりと把握しておくことが大切です。
夏場は紫外線が多く、肌が弱っています。
夏場だけでなく、春先もどんどん紫外線が強くなる時期ですので、この時に脱毛を行ってしまうと、肌を傷つけてしまったり、肌荒れの原因となってしまう可能性があります。
そして、自己処理をする機会が少なくなる季節を選択することも大切です。
というのも、ムダ毛処理は露出があればほとんどの女性が必要と感じ、脱毛を行っている時でもムダ毛処理をしてしまいます。
出来るだけこういったことがないのが望ましいです。

医療レーザー脱毛は秋からじっくりと1年かけて

脱毛は本格的に行っていくと時間がかかるものです。
医療レーザー脱毛は1回終えると2ヶ月間は間を開けることになります。
よって、6回の医療レーザー脱毛であれば、1年くらいはすぐに過ぎてしまいます。
こういった点から、医療レーザー脱毛などの本格的に行っていくのであれば、1年前、つまり秋から準備を始めて、来年の夏には綺麗な状態で、と考えるのがベストです。
焦って行っても脱毛では良い結果が出ませんので、焦らずにできるタイミングで行うことが大切です。

医療レーザー脱毛中には出来るだけムダ毛処理をしない

特に医療レーザー脱毛などを利用していると、基本的にはムダ毛処理をあまりしない方がベストです。
施術の前に指定されている状態をつくるためにムダ毛を剃るくらいのものです。
適切な状態で施術を行っていくことが、利用する方の満足度にも影響を及ぼすことになります。
きちんとしたカウンセリングのもと、最適なプランを提案してもらい、それに従って脱毛を進めていくことをお勧めします。
そうすることで、肌の状態も綺麗な状態を守ることができます。
秋からの医療レーザー脱毛 以外と知られていないようですが、秋からじっくり時間をかけ、脱毛をしていくことで、脱毛の効果が高まってくるかもしれません。
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る