新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー機「ライトシェア・デュエット」の特徴

医療レーザー機「ライトシェア・デュエット」の特徴
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも照射出力が強いため高い脱毛効果が期待出来ますが、照射出力を強くすると施術中の痛みが増す場合があります。
医療用レーザー脱毛機器メーカーのルミナス社の「RIGHTsheer DUET(ライトシェア・デュエット)」は従来のレーザー脱毛機よりも大幅に痛みを軽減することに成功しており、ほとんどの箇所をほぼ無痛状態で施術を受けることが出来ます。
「ライトシェア・デュエット」が痛みを軽減出来る理由は、ハンドピースを吸引して毛幹部を表面に引っ張り上げてレーザーを照射出来るため、毛幹部のメラニンのみを狙ってダメージを与えることが出来るからです。

苦痛が大幅に軽減される医療レーザー脱毛器

レーザー脱毛は黒色や茶色といった特定の色に吸収される波長のレーザーを用い、毛幹部に存在するメラニンに光が吸収されて熱となり、熱で毛幹部にダメージを与えて脱毛するという仕組みとなっています。
皮膚にはメラニンが存在するため、脱毛したい毛幹部以外に存在するメラニンにレーザーの光が反応することで痛みが増してしまいます。
日焼けしている際はレーザー脱毛を避けた方が良いのは、日焼けしている皮膚はメラニンが多いため、レーザーの光が吸収されやすいからです。
脱毛したい毛幹部以外の皮膚にダメージを与えてしまうのを避けるため、「ライトシェア・デュエット」はハンドピースによる吸引で毛幹部にのみレーザーを照射し、毛幹部だけをダメージを与えることで施術中の痛みを大幅に軽減しています。
ほとんどの箇所をほぼ無痛状態で施術が受けられるため、脱毛に伴う苦痛が大幅に軽減されるレーザー脱毛器として高い評価を得ています。

皮膚のダメージや炎症を軽減できる医療レーザー脱毛器

また「ライトシェア・デュエット」は大口径(22ミリ×35ミリ)のハンドピースを採用しているため照射面積が広くなり、従来のレーザー脱毛機よりも施術時間を最大で3分の1短縮することが出来ます。
小口径と大口径を比較すると、同じ出力で照射した場合、大口径の方が深部へ到達しやすいため低い照射出力での施術が可能になります。
照射出力を上げれば脱毛効果は高くなりますが、その分皮膚が受けるダメージが大きくなり炎症の程度も増してしまいます。
低い照射出力で施術をすることで皮膚が受けるダメージを軽減し、炎症の発生を抑えることが出来ます。
「ライトシェア・デュエット」はほとんど無痛で施術が受けることが出来、施術時間の短縮も可能としているため、優れたレーザー脱毛機として多くの医療機関に支持されています。
従来のレーザー脱毛よりも痛みの箇所が大幅に少ないため、患者様の負担を大幅に軽減した脱毛を可能とするレーザー脱毛機です。
 医療レーザー脱毛は痛いという印象をお持ちの方は多いようですが、最新型の医療レーザー脱毛機「ライトシェア・デュエット」なら、今までと違う脱毛体験ができるかもしれません。
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る