新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は特定の色(黒色と茶色)に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで脱毛を行う医療行為です。
皮膚にレーザーを照射することで毛根部のメラニン色素に光が吸収され、光が熱エネルギーに変換されます。
熱エネルギーによって毛根や毛根周囲の組織を破壊することで脱毛効果が得られるという仕組みです。
毛抜きや剃毛などと違って毛根の組織自体を破壊するため、大きな減毛効果を得ることが出来ます。

医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛を受ける際、痛みを伴うかどうかを心配されると思います。
でもVIOやヒゲ等の太い毛根がある箇所以外は大きな痛みを伴うことはなく、皮膚が軽くヒリヒリする程度です。
熱を帯びることで皮膚が炎症を起こすためヒリヒリしますが、最新の脱毛機とケアによりダメージを最小限に抑えて脱毛します。
クリニックによって導入しているレーザー脱毛の機器が異なり、痛みの程度も機器によって差があります。
 
毛を自己処理し続けているとお肌がカミソリ負けして肌荒れの原因となってしまうため、脱毛によって毛が生えてこない状態にする方が美肌を維持することが出来ます。炎症と聞くとお肌にかなりのダメージがあるのではないのか想像してしまうと思いますが、一時的な炎症ですし施術後は軟膏などでほてりを抑えるため、大体の方はすぐに炎症は治まります。
 

医療レーザー脱毛を受ける際の注意点

日焼けしていると皮膚内に局所的にメラニンが多く存在してしまいます。
黒くなった日焼けした肌で医療レーザー脱毛を受けると、レーザーの光を吸収してしまう割合が多くなり、通常よりも炎症範囲が広くなってしまったりレーザーの照射効果が低下してしまいます。
炎症によるお肌へのダメージを避けるため、脱毛を受ける際は日焼けが治まってからにしましょう。
 
また、治療後の減毛状態では紫外線によってお肌がダメージを受けやすくなるため、外出する際は日焼け止めを塗ったり日差しが直接お肌に当たらないような服を着るようにして下さい。
特に夏は紫外線が強く日焼けしやすいため、脱毛後に外出する際はお肌を守ることを忘れないようにしましょう。

医療レーザー脱毛の回数

 

脱毛を受ける回数は人によって異なり、通常まずは5~6回ほどを目安に脱毛します。
医療レーザー脱毛をしていてもムダ毛が生えてくることがありますが、新しい毛が生えてきたのではなく休眠中の毛が活動を始めたためです。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る