新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛できない部位はありますか?

医療レーザー脱毛が受けられない部位は、粘膜面と眼球の上になります。
それ以外の体の部分は、脱毛の施術を受けることが出来ます。
粘膜は、皮膚の色が黒ずんでいることからレーザーの光が反応しやすく火傷をおこすリスクがあります。
特にIラインやOラインは、粘膜部分に近いところの施術となるため高い技術が必要になります。
クリニックやエステサロンによってはこの部分のレーザー脱毛を行っていないところもあります。
当院では、Iライン、Oライン両方ともレーザー脱毛を受けることが出来る様になっています。
医療レーザー脱毛について疑問があれば、無料カウンセリングでお尋ね下さい。
医療レーザー脱毛を受ける時、当院では、日焼け直後の肌への脱毛はを控えて頂くようお願いしています。
日焼けをすると、皮膚内部でのメラニン生成が進みます。
すると、レーザーの光がムダ毛に含まれるメラニン色素よりも体内に蓄積されたメラニンに反応し易くなってしまいます。
脱毛の効果が上がらないばかりか、皮膚が火傷をおこすリスクが高くなってしまうのです。
当院では、脱毛の所定の回数を終える期間に制限を設けていません。
途中何らかの理由で長期間レーザー脱毛が受けられない時期があっても、安心して施術を受けることが出来る様になっています。
常にベストの状態でレーザー脱毛を受けることで肌に負担をかけずに永久脱毛を実現します。
脱毛の進め方については、松井医師や看護師とよく相談して、肌トラブルを起こさないように進めていきましょう。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る