新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

ヤケドのリスクはありますか?

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛のメラニンに反応してその周囲にある発毛組織を破壊することで永久脱毛を実現する仕組みとなっています。
メラニン組織は、毛だけでなく皮膚組織内にもあるので、レーザー光が皮膚内のメラニンに反応するとヤケドをするリスクがあります。
皮膚内にあるメラニンは「表皮メラノサイト」と呼ばれていますが、体の細胞を紫外線から守る働きをしています。
皮膚にはライフサイクルがあり常に生まれ変わっていますが、この表皮メラノサイトは角質となって剥がれ落ちて行きます。
しかし中には、角質層にならず皮膚の中に留まってしまうものもあります。
ほくろやシミ、ソバカスなどがこれにあたります。
このように皮膚に残ったメラニンから出来たほくろなどには、たとえムダ毛が一緒に生えていても脱毛をすることは出来なくなります。
この他にも、日焼けで一時的に肌の色が濃くなっている時は、メラニンが通常よりも体内に多く溜まっているため、レーザー脱毛をすると火傷をするリスクが高くなります。
当院では、レーザーに反応しそうなホクロには、光があたらないよう、テープでその部分を覆って、施術を行っています。
そして日焼けした肌へは、日焼けが落ち着くまで施術を休んでいただくようアドバイスしています。
もし、火傷が起こってしまっても、すぐに適切な処置を行いますのでご安心下さい。
また、レーザー脱毛を受けた後は、肌がダメージを受けた状態なので水分補給といった保湿を心がけて下さい。
脱毛後のアフターケアを丁寧に行うと、脱毛効果がアップします。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る