新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

肌が弱く、埋もれ毛ができてしまって炎症気味です。施術できますか?

肌の状態にもよりますが、当院では看護師が埋もれ毛を皮膚から1本ずつ出してレーザー脱毛の施術を行っています。
医療レーザー脱毛は、埋もれ毛でもしっかりと施術することが出来ますのでご安心下さい。
但し、万一脱毛部位の皮膚が炎症を起こしている場合は、レーザー照射により色素沈着のリスクが高くなるため、皮膚の治療を優先し、治り次第レーザー脱毛を開始するようお勧めしています。
肌の診断やレーザー脱毛の進め方については、無料カウンセリングにて診断させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。
埋もれ毛は、埋没毛とも呼ばれています。
濃くて太い毛を、毛抜きを使って絶えず自己処理を続けていると、肌の表面は絶えず傷がついた状態となっています。
肌は傷から皮膚表面を守るため、皮膚の外側にかさぶたを作ります。
このようにして皮膚の角質化がすすむと毛穴も塞がって皮膚の表面に伸びてこれなくなります。
放置すれば、皮膚が炎症をおこして色素沈着の原因となります。
埋もれ毛が起こりやすい部位は、ワキ、膝下、ビキニライン、お腹です。
埋もれ毛がある肌は、自己処理脱毛の頻度を減らし、市販のクリームなどで保湿することで改善されることがありますが、脱毛を自己処理し続けている限り、再発するリスクがあります。
医療レーザー脱毛を受けて永久脱毛を実現すれば、肌の手入れが楽になり、肌の状態も良くなるのでお勧めです。
現在、埋もれ毛に悩みながら自己処理を続けている方は、当院の無料カウンセリングをお気軽にご利用下さい。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る