新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

夏になると必ずといっていいほど日焼けをします。それもかなり焼けますが、それでも医療レーザー脱毛は可能でしょうか?

直射日光に当たった肌はとてもデリケートでセンシティブな状態ですので、レーザーで刺激することはお勧めできません。レーザー脱毛の場合、黒い色のメラニン色素に反応して照射し、毛根にダメージを与えることによって脱毛をします。つまり日焼けがきつい場合は肌にも反応して照射することになりますのでヤケドを起こす可能性が高く、この場合は残念ながらお断りするようになります。

夏場は日焼けしてまだ間もない状態です。また目にはそれほどの日焼けに見えなくても、皮膚組織中に多数のメラニンが増殖している部位がある場合はレーザーが集中して照射されるためヤケドがしやすくなりますし、ターゲットが分散してしまい脱毛効果が著しく低下する原因にもなります。もちろんカウンセリングは可能ですのでお気軽にご相談ください。

また脱毛レーザーを処置した後の日焼けについても炎症性色素沈着を起こす原因となります。乾燥を含め肌トラブルに発展する可能性も大ですので、紫外線の刺激を避けるために、日中は特に日焼け止めを使用するようにお勧めしています。痛みに敏感な方は特に医療レーザー脱毛の前後には絶対に日焼けをせず、また脱毛すると決めた部位はできるだけ美白処理をすることも大切です。

せっかくの夏場だからバカンスを楽しもう、という方も多く、とても残念なことには違いありませんが、秋頃から医療レーザー脱毛を開始して翌年の夏場に備える、というのがタイミングとしては一番ですし、海外旅行に備えていらっしゃる方も多くなっています。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る