新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

どうして白髪に効かないの?

医療用のレーザーも光脱毛も白髪には効果がありません。

どうしてだろう?

 

 

 

脱毛のレーザーは熱を発生させることで毛を作っている部分を壊しています。

でも熱を出している機械ではありません。

この光線は黒いものに反応して、その反応で熱を出しているのです。

そう、「毛が黒いから熱が出て脱毛ができる!」

 

 

 

「黒いものに反応して熱を出している」とは?

 

黒いものに吸収されて熱を出す、そういった性質を持つ光線。

それが脱毛に使われている光線です。

これはエステの機械でもクリニックにある機械でも同じ。

毛ではなく、黒いものに反応しているのです。

 

 

例えば日焼けしてる部分に行うと、へたすると火傷してしまう・・・

こんな風な事実があるのは黒いものに反応しているからです。

(黒いところは避けることになります)

 

 

じゃあ白髪は反応しないのは・・

 

そうです。

毛でも白いので反応しなくて熱が全く出ません。

白髪はメラニン色素の無い毛。

レーザーを強くしようが、関係なし。

白なので脱毛できない。

もうこれにつきます。

 

 

 

じゃあ「白髪にも効く」と書いてるところは??

 

エステやクリニックでそう書いている施設も時々見かけます。

わかりやすく、そういったところはダメです。

機器を販売している会社の説明をうのみにしているのか・・

適当に書いているのかどっちかです。

いわゆる蓄熱式、と呼ばれるタイプの機械は

白髪に効く、というふれこみの時代がありました。

(今でも書いているところもありますね)

結局は蓄熱式の光線も黒いものに反応して熱が出ている。

特別な仕組みではない。

アプローチが違うように見えて、そんなに変わらないです。

白髪には効果がありません。

ここはポイント。

 

 

では白髪はどうすれば??

 

針脱毛は一つの回答と言えます。

でも針脱毛を痛みや時間の観点で嫌がる人が多いのも確か。

なかなか難しいですね・・

 

まだ実用化されていないのですが

IPL(フォトフェイシャルに代表されるような光)をあてることで

白髪を脱毛する方法があります。

特殊な光反応を増幅させる色素を塗ったうえで光をあてて

活性酸素を発生させることで毛を作る部分を壊す、というものです。

実は僕もこの色素を取り寄せました。

自分の白髪、ひげの部分に色素を塗り、光線を照射してみようと思ったのです。

・・・

でもこの色素の色がかなりピンクで、しかもなかなか落ちにくい。

ジェルに混ぜて試していたら、指がめちゃくちゃピンクに。

で、しばらくそのままの色・・・

顔なのでびびってしまい、いまだ試していません・・・

そろそろ意を決して自分の体を用いて実験してみようと思います!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る