新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

「VIO脱毛はちゃんとしたところでやりたい」の声にこたえて

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

「VIOの脱毛は信頼できる施設で行いたい」

ここのところ、こういった方が来て下さることがすごく増えてきました。

はじめ他のところで手足など始めたものの、当院の評判を聞きつけてVIOはここでお願いしたい、という形で。

 

 

結果「違い」に喜んで下さる方が非常に多い。

丁寧さを重んじて続けてきた、という部分が自分の中で強いので、評価を得ていることは本当に嬉しいです。

 

 

 

少し話は変わります。

デリケートゾーンの脱毛の一つの側面として

「陰毛部分は不潔になりやすく、ひいては感染にもつながる可能性」

そこを排除するための手段、という特徴が挙げられます。

 

 

老後に介護になった際などは特にそういった点がクローズアップされています。

脱毛が以前とはまた違った意味合いをも持ってきているのです。

 

 

 

寺田病院グループという非常に有名な肛門科の病院があります。

その中の分院の一つの浅草胃腸肛門クリニックでも

VIO中心のポイントレーザー脱毛を行いはじめることとなりました。

 

上記したような老後の将来を見越した側面からのアプローチです。

また、当院のような美容系のクリニックにはなかなか行きづらい、という中高年齢層の患者様にも機会を、というかたちでもあります。

 

当院はこのプロジェクトのコンサルトを行ってきました。

浅草胃腸肛門クリニックの佐藤院長と話し合い、いろいろとこちらから示唆をさせて頂きました。

そのうえで、彼の熱意と強い意思で実現となったのです。

非常に意味のある試みだと、感じます。

微力ではありましたが、少しでも役に立つことができたのであれば幸いです。

更に今まで脱毛の長所に気付きづらかった方々のもとに、快適な生活をもたらすことになるのであれば何よりです。

 

 

当院も佐藤院長の情熱に負けぬよう

そしてさらに冒頭のような声「VIOはちゃんとしたところでやりたい」にこたえていくことのできるよう

更なる向上心をもって取り組んでいこう、と改めて思う次第です。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る