新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

アトピーがあっても自宅で脱毛していいの?その疑問を解説します!

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

あなたは今アトピーがあっても自宅で脱毛していいか悩んでいませんか?本記事ではそんな方のためにアトピーがあると自宅で脱毛できないのかを解説しています。

医療脱毛がおすすめな理由と脱毛を受ける際の注意点についても解説しているのでぜひ最後までお読みください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、アトピーの肌でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

アトピー肌で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

アトピーがあっても自宅で脱毛していいの?

アトピー肌だけど、自宅でセルフ脱毛を行いたいと考えている方もいらっしゃると思います。

しかし、あまりそれはおすすめできません。

ここでは何故アトピー肌の方がセルフ脱毛を行わないほうがいいのかを解説していきます。

自宅で脱毛するリスク

アトピー肌はバリア機能の低下や皮膚の炎症により痒みのある湿疹が繰り返されて慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

そのため、アトピー肌の方は今症状が出ていなくても肌を傷つけてしまったり、刺激を与えてしまうことで症状が悪化してしまうリスクがあります。

また、知識がないまま行ってしまうと症状の出始めに気づかずに放置してしまったり、脱毛後のケアが上手く行えておらず重症化してしまう可能性もあるため、アトピー肌の方が自宅で脱毛を行うのは避けたほうがいいでしょう。

医療脱毛がおすすめ

では、アトピー肌の方はどう脱毛するのがいいのでしょうか。

おすすめは医療脱毛に通うことです。

医療脱毛では事前にアトピー肌であることを伝えておけば、施術の前にカウンセリングや診察を行って貰うことができ、脱毛を受ける際のリスクを聞くことが出来ます。

それにより、納得して施術を受けられるため安心して脱毛を続けることが出来ます。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、アトピーの肌でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

アトピー肌で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

アトピー肌の方が避けたほうがいいセルフ脱毛

自宅で脱毛を行うリスクについて解説しましたが、ここからはそれぞれどうして避けたほうがいいのかについてご紹介していきます。

カミソリ

アトピー肌の方が避けたほうがいいセルフ脱毛の一つ目は、カミソリです。

カミソリは毛を剃る際に、肌を傷つけてしまいます。

石鹸などで滑りをよくしても小さな傷はついてしまうのでアトピー肌の方はそこから湿疹が出てしまう可能性があり、剃り方やケアの方法をしっかり行わないといけません。

また、毛を剃ると毛が生えてくる際に痒みが出てしまう可能性があり、そこで掻いてしまうと湿疹が起きてしまうことも多くあります。

毛抜き

アトピー肌の方が避けたほうがいいセルフ脱毛の二つ目は、毛抜きです。

毛抜きも無理やり毛を引き抜いてしまうため、カミソリでの脱毛と同じように肌に傷をつけてしまいます。

毛穴や肌へ負担をかけてしまい、アトピーの悪化に繋がってしまうため剃刀と同様にアトピー肌の方はやらない方が良い脱毛方法と言えます。

脱毛クリーム

避けた方が良いセルフ脱毛の三つ目は脱毛クリームを利用して脱毛することです。

脱毛クリームは、タンパク質を溶かす成分が入っていて、それによって毛を溶かすことで除毛しています。

しかし、皮膚にもタンパク質が含まれているため、肌にダメージを与えてしまいます。

アトピー肌の方だとその刺激で痒みが出たり赤くなってしまうことがあります。

また、肌荒れや毛嚢炎などの別の肌トラブルが起きてしまうこともあるので気をつけるようにしましょう。

家庭用脱毛器

避けた方が良いセルフ脱毛の三つ目は、家庭用脱毛器でセルフ脱毛を行うことです。

家庭用脱毛器は、医療脱毛や美容サロンのものに比べてレーザーの出力がとても弱く、人によっては効果が出ないことがあります。

しかし、そんな低出力のものでもアトピー肌の方が使うのにはリスクがあります。

美容サロンでも、アトピー肌の方だとリスクがあるため断られてしまうこともあるのにそれを知識のない人がやるのは危険ですよね。

なので、自宅でできるからといって使わないようにしましょう。

医療脱毛の料金は高い?

自宅で脱毛を行いたいと考える人の中には、医療脱毛だとお金がかかりすぎると考えている人もいらっしゃると思います。

そこで医療脱毛はどのくらいかかるのか美容サロンと比較しながらご紹介します。

美容サロンとの比較

医療脱毛は高いと思われがちですが、それは一回の金額が高いためです。

しかし、医療脱毛は医師が行うため美容サロンに比べてレーザーの出力が高い機械を使用することが可能なため脱毛を終えるまでにかかる施術の回数が少なくて済みます。

部位にもよりますが、脱毛にかかる合計金額はおおよそ美容サロンであれば10万〜20万、医療脱毛であれば20万〜30程と破格に高い訳でもありません。

美容サロンでは人によっては効果が出にくく永久脱毛が出来なかったり、アトピー肌の人であれば症状が悪化するリスクがあることを考えれば医療脱毛の方がコスパ的にもいい可能性もあります。

脱毛を選ぶ際にはこのサイトを参考に自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

医療脱毛は忙しい人にもおすすめ

自宅で脱毛を行いたいと考える人の理由として、忙しくて通う暇がないからという人や、通うのが苦手で面倒になるからという人も多いです。

ここでは、そんな方のために医療脱毛の効果や、脱毛にかかるまでの期間もご紹介します。

効果が出るまでが早い

前述したように、医療脱毛は美容サロンに比べて、高出力のレーザーで照射するため施術回数や期間が短くしっかりと脱毛効果を出すことが出来ます。

また、医療脱毛で用いられる機器はメラニン色素に反応するため、濃い毛や剛毛に対して高い効果を発揮します。

ワキなどの濃い毛が密集している箇所を脱毛しようと考えている方は効果を実感しやすいため、安心して通うことが出来ます。

医療脱毛にかかる期間

医療脱毛にかかる期間は部位によって変わりますが一箇所あたり5,6回と、美容サロンのおおよそ半分の回数で行うことが出来ます。

長期で通う必要がないため忙しい方でも時間を取りやすいですし、一回の刺激は強いですが、アトピー肌の方だと刺激する回数が少なく済み、医療的なケアもしてもらえるため、全体的に見たら悪化する可能性は低いと言えます。

脱毛は忙しくて通えないと考えている方は是非これを参考に検討してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、アトピーがあっても自宅で脱毛していいのかという疑問や、アトピー肌の方が避けたほうがいいセルフ脱毛、そして医療脱毛の料金や期間について詳しく解説させていただきました。

もしアトピー肌で悩んでいるけど脱毛を受けたい方や、一度サロンやクリニックに断られてしまった経験があるという方は新宿の医療脱毛専門の「ドクター松井クリニック」を検討してみてください。

また別の肌トラブルの悩みがある方に向けた記事を投稿していたり、相談も行っているので脱毛を受けたいけど心配なことがあるという方は是非そちらも合わせて参考にしてみてください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、アトピーの肌でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

アトピー肌で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る