新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

花粉症でも脱毛を受けられるの?花粉症の方が断られてしまう理由を紹介

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

 

あなたは花粉症でも脱毛を受けられるか悩んでいませんか?本記事ではそんな方のために花粉症の方でも脱毛が受けられるのかを解説しています。

医療脱毛がおすすめの理由と脱毛を受ける際の注意点についても解説しているのでぜひ最後までお読みください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、花粉症の方でもきめ細かく対応することができます。

脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

花粉症だと脱毛を受けられない?

脱毛は花粉症持ちの人でも受けられるのか?

結論から書かせていただくとほとんどの場合問題なく受けていただけます。

しかし、花粉症を抑えるために薬を服用しているという方は、もしかしたら脱毛を断られてしまうかも知れません。

ここでは、なぜ花粉症を抑えるための薬を服用していると脱毛を受けられないのかを詳しく解説するのであなたが脱毛を受ける際の参考にしてみてください。

花粉症の方が脱毛を受けてはいけないと言われている理由

花粉症に限らず、市販や医師から処方される薬の中には、副作用として光に過敏に反応する光線過敏症が起きてしまうものがあります。

それによって副作用が出ている方に脱毛器のレーザーを当ててしまうと、それに反応して赤みが出たり痒みが引き起こされてしまいます。

光線過敏症は紫外線によって発症するため、医療レーザー脱毛の施術にはそれほど影響はしないと言われていますが、クリニックの機材によっては反応が出てしまうこともありますし、エステサロンだとそうした医学的な判断は出来ないため、そもそも薬を服用している方を断ったり、脱毛期間中は飲まないように指示するところが多いです。

「光線過敏症」とは?

そもそも光線過敏症とは、日光にさらされた部分の皮膚にかゆみを伴う発疹が現れる疾患です。
紫外線によって発症するのは薬の副作用だけでなく、元々アレルギーを持っている方も発症する可能性があるため、心当たりがある方で脱毛を考えているという方は、一度脱毛クリニックの無料カウンセリングで相談してみましょう。

原因や体質、症状によっては、治療をしてから脱毛を行わないといけない可能性があるため、勝手に判断するのではなく医師に診察をしてもらって原因を特定するようにしましょう。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、花粉症の方でもすぐにきめ細かく対応することができます。

脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

他にも脱毛によって副作用が起こる薬はあるの?

ここまでは花粉症を抑える薬の話をさせて頂きました。

ここからは、上記のような脱毛中に飲んではいけない薬が他にもあるのかをご説明していきます。

脱毛によって起こる薬の副作用は?

脱毛によって起こる薬の副作用は様々です。

軽いと肌が少し赤くなるだけで済むこともありますが、症状が酷くなると炎症が出て、腫れたり、水ぶくれ・かゆみ・ヤケドなどが引き起こされることもあります。

薬を服用しながら脱毛したいなら医療脱毛がおすすめ

ここまでご紹介したなかで、それでも症状によっては薬を服用し続けないといけないという方もいらっしゃると思います。

そういう方には、医療脱毛で脱毛を受けることをおすすめします。

医療脱毛なら、医師が事前カウンセリングの際に診察してくれるため、前述したようなどの薬でどんな副作用が起こるかを教えてもらえるため安心して脱毛を受けることが出来ます。

また、服用している薬が副作用のあるものであっても脱毛が受けられるような施術の仕方を提案してもらえるため一度エステサロンで断られてしまった経験があるという方も一度相談してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛がおすすめな理由

ここでは花粉症などの症状を抑えるために薬を服用している方に医療脱毛がおすすめの理由を2つご紹介したいと思います。

医師に相談できる

医療脱毛がおすすめの理由の一つ目は、施術前に医師に心配なことを相談できることです。

「こういった薬を服用しているけど脱毛を問題なく受けられるの?」
「こんな体質持ちだけど脱毛は受けられるの?」

といった不安な要素や悩みを脱毛を受ける前に解消しておくことが出来ます。

薬の副作用が起きても対応できる

医療脱毛がおすすめの理由の二つ目は、薬の副作用が起きても対応してもらえることです。

前述したように、中には脱毛中も薬を服用し続けないといけないという方もいらっしゃいます。

そうした方でも、医療脱毛であれば肌トラブルが起きないように慎重に施術をしてもらえるため副作用が起きにくいですし、仮に症状が出てしまったときにもすぐに対応してもらうことが可能です。

症状が出始めた段階ですぐに診察を行い、必要に応じて薬の処方もしてもらえます。

そのため、安心して脱毛を行えるため、薬を服用しなければいけない疾患を持っているという方や肌の弱い方には医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛を受ける際の三つの注意点

医療脱毛がおすすめの理由をご紹介しましたが、それを受ける際にも注意すべき点を3つご紹介いたします

脱毛中に薬の副作用が起こらないか確認しておく

医療脱毛を受ける際の注意点の一つ目は、脱毛中に薬の副作用が起こらないか確認しておくことです。

花粉症に限らず、何か症状を抑えている薬がある場合は、脱毛によって副作用が起こらないか確認しておきましょう。

処方された薬であれば、処方された病院の医師に服用しながら脱毛を行っても問題がないかを確認し、市販で購入している場合は、購入している薬局の薬剤師に服用しながらの脱毛に問題がないかを確認しておきましょう。

安心して脱毛を行うために、不安なことはしっかり解消しておきましょう。

症状を予め医師に伝えておく

医療脱毛を受ける際の注意点の二つ目は、予め脱毛クリニックの担当の医師に服用している薬を伝えておくことです。

初めに申告しておくことは、あなたに合った施術を受ける上で大事なことです。

また、診断はされていないけど、こんな症状があって不安があるという方も予め医師に相談し、診察をしてもらってから施術を行って貰う方が後々問題が起こりづらいためおすすめです。

また、中には薬を服用していることを隠してエステサロンやクリニックで契約される方がいますが、副作用などのトラブルが起きてしまったときに対応できないなどの問題が起きてしまう可能性があるため気を付けましょう

パッチテストを受ける

医療脱毛を受ける際の注意点の三つ目は、事前に照射テストを受けておくことです。→三つ目

医療脱毛では事前のカウンセリングの他に脱毛機のテスト照射を行うことができます。

痛みや脱毛機との相性などを判断するために行われるものですが、心配な方は事前にテスト照射を受けさせてもらい問題がなければ施術してもらうようにするとトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、花粉症持ちでも脱毛を受けられるのかというお悩みや、脱毛によって副作用が起こる薬、そして医療脱毛がおすすめの理由と医療脱毛を受ける際に注意するべき点について詳しく解説させていただきました。

薬を服用しているけど脱毛を受けたいという方や、一度サロンやクリニックに断られてしまった経験があるという方は新宿の医療脱毛専門の「ドクター松井クリニック」を検討してみてください。

また別の肌トラブルの悩みがある方に向けた記事やカウンセリングも行っているので脱毛を受けたいけど心配なことがあるという方は是非そちらも合わせて参考にしてみてください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、薬を常用しているという方でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

脱毛を受けたいけど心配事があるという方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る