新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

糖尿病だと脱毛できない?あなたのそのお悩みを解消します!

あなたは今、糖尿病だから脱毛は受けられないのではないかと悩んでいませんか?本記事ではそんな方のために糖尿病の方でも脱毛が受けられるのかを解説しています。

 

医療脱毛がおすすめな理由と脱毛を受ける際の注意点についても解説しているのでぜひ最後までお読みください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、糖尿病の方でもきめ細かく対応することができます。

糖尿病の方で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

糖尿病だと脱毛できない?

疾患がある方や、妊娠されている方などはクリニックで脱毛を受けたいと思っても受けることができないケースがあります。

糖尿病の場合も、症状や服用している薬の内容によって、肌トラブルが起こりやすくなることから、クリニック側では脱毛を断るケースが多いようです。

そのため、糖尿病の治療をされている場合は、事前にクリニックに脱毛を受けることができるのか問い合わせしておく必要があるでしょう。

糖尿病とは?

そもそも糖尿病とは、インスリンの作用不足により高血糖が慢性的に続く病気で、I型糖尿病とII型糖尿病があります。

自覚症状がないまま進行してしまうこともあり、合併症による心臓病や脳卒中などのリスクがあるため、早期発見と早期治療が必要です。

糖尿病であるかどうかは、血液検査により診断できます。

生活習慣の改善により、糖尿病が発症するのを防いだり、発症しても症状をコントロールしていくことは可能です。

厚生労働省により行われた「令和元年 国民健康・栄養調査」によると、日本人の5~6人に1人が糖尿病を患っているとされています。(参考はこちら
引用元:厚生労働省 e-ヘルスネットの引用

糖尿病の方が断られてしまう理由

糖尿病の場合、レーザー脱毛を断られてしまう可能性があります。

糖尿病になると、血糖値が高い状態が続きますが、この状態が続くと、体内の細胞が水分を吸収しにくくなってしまい、皮膚も乾燥しやすくなります。

皮膚の乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下しやすくなってしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

レーザー脱毛を行うと、一時的に肌が乾燥しやすくなります。

すでにバリア機能が低下し、肌が乾燥している状態の部位にレーザーを照射してしまうと、施術後の皮膚回復が遅く、皮膚障害を起こしてしまう可能性があることから、糖尿病の人は、レーザー脱毛を受けることができない場合があるのです。

また、糖尿病で服用している薬によっては、副作用で施術が受けられない症状が発生してしまう場合があります。

しかし、糖尿病だからといって絶対にレーザー脱毛ができないわけではありません。

多くのクリニックでは、レーザー脱毛を受ける際、既往歴や現在の症状を確認し、脱毛を行っても問題がないかとうか診断しますが、万が一トラブルが起こった場合のリスクを考えて、断るという選択肢を取られるクリニックも多いのです。

糖尿病の種類

糖尿病には、一型糖尿病と二型糖尿病があり、糖尿病の種類により、レーザー脱毛ができるかどうかが変わってきます。

一型糖尿病

一型糖尿病は、体内でインスリンを作り出すことがほぼできない状態で、進行するとまったく体内で生産することができなくなります。

そのため、高血糖状態を解消するためにインスリンを注射で補わなければいけません。

若年層にも多い糖尿病とされていて、免疫反応が正しく働かないことが発症の原因とされています。

一型糖尿病の場合は、薬が原因で、レーザー脱毛に反応してしまって何らかの副作用が起こる可能性が高いため、そのような症状が起きた場合の対応ができるクリニック、一型糖尿病でもレーザー脱毛を行ってくれるクリニックで相談してみてください。

二型糖尿病

二型糖尿病の場合は、インスリンが出にくくなったり(インスリン分泌低下)、インスリンが効きにくくなったり(インスリン抵抗性)することで血糖値が高くなります。

遺伝もありますが、生活習慣により発症するケースが多く、運動療法や食事療法を取り入れてもインスリンの分泌量が改善されない場合は、薬や注射による治療が行われます。

レーザー脱毛を受ける場合、一型糖尿病と同様に断られてしまう可能性がありますが、薬を使用せずに食事療法や運動療法での治療をしているという方の場合、問題なくレーザー脱毛を受けることができるケースも多いです。

引用元:糖尿病情報センター

糖尿病の方で脱毛希望の場合に医療脱毛がおすすめな二つの理由

糖尿病の方でも医療脱毛を受けたいという場合、医師のカウンセリングとトラブルが起きてしまった際の対応がしっかりしている医療脱毛専門のクリニックであれば受けることができます。

事前に医師のカウンセリングを受けられる

医療脱毛は、医療機関でしか受けることができません。

医療機関で受ける場合、医療脱毛専門のクリニックで相談しましょう。

医療脱毛を専門としているクリニックの場合は、医療脱毛に詳しい医師のもとで診察や施術が行われるので、事前に受けて問題ないかや、受けたときに起こるリスクについてもしっかりと教えてもらえます。

不明点や不安なことなどを事前に解消しておくことができ、受けるかどうかも決めやすくなります。

トラブルが起きても対応できる

医療脱毛専門のクリニックであれば、万が一施術中に何か副作用などのトラブルが起きてしまった場合でもすぐに対応してもらうことができます。

より安心して施術を受けるために、糖尿病の方でも医療レーザ―脱毛を受けている症例があるクリニックで相談するのがおすすめです。

医療脱毛を受ける際に注意する点

糖尿病の方が医療脱毛を受ける際に注意しなければならないのは、医師に糖尿病の症状や服用しているお薬について必ず申告することと、かかりつけ医にも医療レーザー脱毛を受けることを伝えておくということです。

予め医師に伝えておく

医療レーザ―脱毛を受けるにあたり、現在の症状や服用している薬を伝えておかなければ、トラブルが起きた際に適切な対処をしてもらうことができなくなります。

しっかり伝えておかなかったり、一部でも隠して伝えているとトラブルの原因に繋がってしまう可能性があるため、隠さずに申告しましょう。

かかりつけ医にも相談しておく

糖尿病の治療を受けているかかりつけの医師に医療脱毛を受けたいと考えていることを伝え、受けても大丈夫かを確認しておくようにしてください。

かかりつけの医師が受けても良いということであれば、脱毛を受けるクリニックにもそれを伝えることで、施術を受けやすくなります。

まとめ

糖尿病の方が医療レーザ―脱毛を受けることができるかどうかは、症状や服用しているお薬の内容などで変わってきます。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、糖尿病の方でも脱毛できる可能性があります。

まずはお気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

最新の記事

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る