新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

ケロイド体質で脱毛ができず悩んでおられる方へ【Dr.松井での施術可能な理由】

ケロイド体質で脱毛ができず悩んでおられる方へ【Dr.松井での施術可能な理由】
「ケロイド体質の方は医療脱毛をお断りしています」医療脱毛のクリニックであっても、そんな注意書きをよくみかけます。

 

ケロイド体質であっても、その症状によって異なる綿密な治療計画を立てれば、安全で効果的な医療脱毛が可能です。

「医療脱毛をしたいけれど、ケロイド体質によって医療脱毛を躊躇している、できないと考えている」といった患者様にぜひ読んでいただきたい内容です。

また、ご自身でケロイド体質だと思われていても、実際にはケロイド体質ではなかったという方も多く、当院へ通われている方も、真のケロイド体質であった方は10%ほどです。

ケロイドと瘢痕の見極めは難しく、皮膚科の医師が診察しないと判明しないことも多くあります。

当院ではすべての患者様と無料で相談を実施し、院長の診察をおこなっております。

真のケロイド体質であったとしても、医療脱毛が可能な患者様は多くいらっしゃいますので、まずはぜひ一度、無料のご相談・カウンセリングをお受けください。

ケロイド体質とは

ケロイドとは、皮膚に傷ができたときに、傷跡が赤く盛り上がってみみず腫れのようになってしまう部分のことをいいます。

皮膚に傷ができると、傷を修復しようとして線維芽細胞という細胞が活発になり、傷を覆います。

この線維芽細胞が集まりすぎてしまうと、皮膚が盛り上がりケロイドとなります。

ニキビや引っ掻き傷のような小さな傷でもケロイドができてしまう体質の方を、ケロイド体質といいます。

「ケロイド体質」だと医療脱毛ができないと言われる理由

レーザー照射による脱毛は、いくらかは肌の刺激となりダメージを与えてしまいます。

医療脱毛により、毛嚢炎や火傷ぎみの強い炎症が起こりえますが、ケロイド体質の方はそこからケロイドができてしまう可能性があります。

また、ケロイドができなかったとしても、色素沈着ができてしまう可能性もあります。

ケロイド体質の方も医療脱毛が可能

ケロイド体質だからといって、医療脱毛ができないということではありません。
ただしケロイド体質の場合、レーザー照射の刺激によってケロイドが発生してしまう可能性があるため、慎重に施術を進める必要があります。

ケロイド体質の方は施術できない、と断るクリニックも存在します。

これまで、ケロイド体質だからといって脱毛を諦めたり、悲しい思いをされてきた方もいらっしゃるかもしれませんが、当院ではすべての患者様とカウンセリングを実施しております。

どのような肌の状態の患者様でも、医師が直接、肌の状態を診察させていただき、一緒に施術方法を検討していきます。

また、過去に多少の傷跡が残った、傷跡が色素沈着した、といったご経験から、自分はケロイド体質である、と勘違いしてしまうことも多くあります。

実は、

本人がケロイド体質と思っていても、真のケロイド体質の方はドクター松井クリニックにお通いいただいている患者様の10%ほどです。

多くはケロイド体質ではなく、ケロイドや瘢痕がある方で医療脱毛を受けることが可能です。

ケロイド体質がどうかは、医療者でないと判断が難しいところがあります。

自己診断はせずに、まずは医療従事者に診てもらうのが良いでしょう。

仮にケロイド体質であったとしても、当院の長年の経験と技術によって、安全に効果的な医療脱毛をすることもできるかもしれません。

他院で、ケロイド体質だから脱毛はできない、と断られてしまった方も、まずは気軽にドクター松井クリニックへご相談ください。

ドクター松井クリニックの医療脱毛の特徴

ドクター松井クリニックでは、10,000件以上の施術経験をいかして、ケロイド体質、アトピー、ニキビなど肌トラブルを抱えた方にも安心して医療脱毛を受けていただけるよう努めております。

その中でも特に、ご自身がケロイド体質と思って脱毛できないと考えていた方にも、当院の医療脱毛で満足いただいた実績が多数あります。

当院の特徴を一部ご紹介いたします。

患者様に寄り添いたっぷりと時間を確保した丁寧なヒアリングとカウンセリング

カウンセリングを通して患者様のお悩みや質問をヒアリングし、ケロイドの状態についても丁寧にしっかりと医師が確認いたします。

患者様に寄り添って最適な治療計画をご提案するよう努め、完全に個室なプライベート空間で、脱毛のご説明やお悩みのヒアリングをしております。

ケロイド部位の照射パワーを調節したり、ケロイド部位を避けて施術をしたりといった、お一人お一人に適した治療計画により脱毛が可能なことも多くあります。

効果的な熱破壊式のライトシュアデュエットの使用

当院では、熱破壊式のライトシュアデュエットを導入しております。

蓄熱式のレーザーが、毛根へ栄養を供給するバルジ領域にじんわりと熱を加えるのに対して、熱破壊式は毛根へ直接レーザーを照射するため、照射パワーが強く高い脱毛効果を期待できます。

また、熱破壊式はレーザーの波長や出力の調整ができるため、肌トラブルの既往の方でも、施術者の技量次第で安全に効果的に施術が可能です。

ケロイド体質の場合、脱毛は

・ケロイド体質の方は施術できない
・ケロイド部位を避けて施術をする
・ケロイド部位にも施術をする
この3択となります。

ケロイド体質の方は施術できない 応じた機械や技術がない場合 またはその脱毛クリニックの方針です。

ケロイド部位を避けて施術をおこなった場合、小さなショット口を合わせもつライトシュアデュエットで、ケロイド周囲の近くまで細かく施術が可能です。

また、ケロイド部位にも施術をする場合、出力パワーを調節する必要がありますが、破熱式ライトシュアデュエットは細かな段階で調節が可能なため、安全に最大限の効果をもたらします。

脱毛専門クリニックの高い技術力をもつ看護師

ケロイド体質の方の医療脱毛する場合には、ケロイド部位を避けて施術したり出力パワーを調節してケロイドにも施術をしたりします。

脱毛マシンを自在に扱う技術力と、出力パワー調整の見極めといった高い技術力が必要となります。

当院の医療脱毛の施術者である看護師は、院長からの教育・研修を受けており、これまでにもケロイド体質の方に対しての施術経験を多く積み、高い技術力をもっています。

ケロイド体質の方が医療脱毛をするときの注意点

一般的に、ケロイド体質の方は、レーザー照射の刺激に対して皮膚が過敏に反応する可能性が高いため、さらなる肌トラブルの原因になることがあります。

施術に関するメリット・デメリットを包み隠さず分かりやすくご説明をし、納得して施術を受けていただくことが一番大切であると考えております。

脱毛の施術の刺激によるケロイド形成の防止

脱毛のレーザー照射は、皮膚にとって刺激であり、ダメージを与えるものでもあります。

ケロイド体質の方は、レーザー照射の刺激に対しても敏感に反応し、ケロイドが形成されてしまう可能性があります。

刺激を抑えるために照射パワーを下げすぎてしまうと、脱毛効果が弱まってしまいます。

ケロイド形成を防ぎつつ、高出力での照射をするために繊細な出力パワーの調整が必要です。

ドクター松井クリニックでは、ライトシュアデュエットの出力調整やその見極めの長年の技術があり、ケロイドの形成トラブルはほとんどありません。

脱毛の施術部位の色素沈着の防止

ケロイドの特性のひとつに、傷口を守るためにメラニン色素が活発に集まり、アザのようになる色素沈着、という可能性があります。

脱毛箇所への刺激に対しても、過敏に反応した肌がメラニン色素を活発にし、施術箇所に色素沈着を起こす可能性があります。

ケロイド体質の方がレーザー脱毛後のトラブル回避のために注意すること

ケロイド体質の方は、肌が敏感なため、レーザー脱毛後に肌トラブルを起こしやすくなります。

医師も施術者である看護師も、肌へのダメージが最小となるよう注意を払って施術をいたしますが、患者様ご自身のケアも重要となります。

施術後に帰宅してから、肌の状態についてご相談やご質問があればいつでもご連絡ください。

医師らと二人三脚のつもりで以下の2つのことに注意していただくとより安全に脱毛が可能です。

肌の保湿をする

レーザー照射後は、肌が乾燥しやすいためしっかりと保湿をしてください。

角質をやわらかくするタイプの化粧水を使用していただき、ケロイドの形成を予防します。

おすすめの化粧水や保湿剤については、適宜ご相談も可能です。

こすらない、刺激をさける

施術箇所は、レーザー照射にてダメージを受けている状態です。

その箇所をこすったりして摩擦や刺激を与えてしまうとケロイド形成や、色素沈着の可能性があります。

もしもかゆみが強くて辛い場合は、遠慮なくご相談ください。

内服薬やかゆみ止めの処方も一緒に検討していきましょう。

ケロイド体質へのアプローチをしながら医療脱毛をすることができる

これまで、ケロイドや肌トラブルにより、悔しく辛い思いをされてきた方もいらっしゃるかもしれません。

しかしケロイド体質であっても、効果的な医療脱毛が可能なケースがほとんどです。

ドクター松井クリニックでは医療脱毛をはじめとして、美容皮膚科の診察、治療もおこなっております。

脱毛や皮膚構造への知識はもちろん、ケロイドをはじめとする皮膚状態にも多くの症例があります。

施術方法や施術計画の説明はもちろん、ケロイド体質の方がレーザー脱毛をおこなうことの注意点、それをカバーする当院の技術力など、包み隠さず誠実にお話しています。

お客様との対話を大切にし、肌の状態を患者様と医師が正しく把握したうえで、一緒に治療計画を組み立て実行していくことで、リスクを最小にした医療脱毛を実現することを目指しています。

もし他院でケロイド体質のため断られたご経験があおりだとしても、医療脱毛をご希望の方は、まずは気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

最新の記事

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る