新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛は痛い?痛くない?

医療レーザー脱毛は痛い?痛くない?
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛は痛いというイメージがあるかもしれませんが、使用する脱毛機によって痛みの程度が大きく違ってきます。

医療レーザー脱毛の痛みは脱毛機と出力によって異なる


医療レーザー脱毛機「RIGHTsheer DUET(ライトシェア・デュエット)」は従来のレーザー脱毛機と比べると痛みがかなり少なく、ほとんど痛みを感じない状態で施術を受けることが出来ます。
「ライトシェア・デュエット」による脱毛施術は他の機種と比べほとんどの箇所は強い痛みを感じないため、レーザー脱毛=痛い、怖いといったイメージが変わることでしょう。
施術時間を短縮も実現している脱毛機ですので、施術中に感じる負担が大幅に軽減されています。
施術時の痛みは脱毛機のレーザーの照射出力によっても違いが生じてきます。
レーザーの照射出力を上げれば脱毛効果が高まりますが、熱量が多くなるため痛みが増してしまい、反対に照射出力を下げれば痛みを抑えることが出来ますが、脱毛効果が薄くなってしまいます。
「ライトシェア・デュエット」は大口径のハンドピースを採用することで照射面積を広げ、低い照射出力でも充分な脱毛効果を発揮してくれます。
照射出力が低いということは、痛みが軽減されるということでもあります。

医療レーザー脱毛の痛みは部位によって異なる

脱毛する部位によっても痛みの程度は異なりますし、個人によっても痛みの感じ方が異なります。
同じ照射出力でも個人によって痛みをほとんど感じなかったり、痛みがあったりと差があります。
個人個人に合わせて施術を行いますので、皮膚が薄い箇所や痛みを感じやすい敏感な箇所は照射出力を弱めてゆっくり脱毛することが出来ます。
痛みや敏感な部分に関して気になる点などは、事前のカウンセリング時に気軽にご相談をしていただければと思います。
痛みを感じやすい部位は個人によって差がありますし、毛の濃度によっても痛みが変わるため、どの箇所が一番痛みを感じやすいかは一概には言えませんが、顔、脇、VIOラインなどは多くの方が痛みを感じやすい箇所です。
反対に痛みを感じにくい箇所は二の腕や胸、お腹周りといった箇所です。

医療レーザー脱毛は日焼け回復後で

レーザー脱毛はメラニン色素に特殊な光を照射して熱を発生させ、熱の力で毛根部にダメージを与えて脱毛を行う方法であるため、メラニン色素が多い日焼けしたお肌は光が吸収されやすいため痛みを感じやすくなります。
日焼けの程度にもよりますが、痛みを避けるには日焼けが治まるまで待ち、しっかり日焼けが治まった後に脱毛施術を受ける方が安心です。
施術を受ける前は紫外線による日焼けを避けるため、外出する際に日焼け止めクリームを塗るのを忘れないようにしましょう。
医療レーザー脱毛で感じる痛みの原因は多種多様ですが、事前に把握した上で、施術を受けましょう。 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る