新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

うぶ毛もきれいにできる?医療レーザー脱毛の効果が出にくい減耗率が低い部位とは

うぶ毛もきれいにできる?医療レーザー脱毛の効果が出にくい減耗率が低い部位とは
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

毛質と部位がポイント!医療レーザー脱毛の効果

レーザー脱毛はその仕組みから、色の濃い部分に効果が出やすいです。色が薄い毛は光が吸収されにくく熱が発生しにくいため、色の濃い毛よりも脱毛効果が下がってしまいます。背中・二の腕・お腹まわりなどは色の薄い毛やうぶ毛が多い部位なので、効果が出にくい箇所です。
レーザーの照射出力を上げると脱毛効果を高められますが、そのぶん皮膚に帯びる熱量が増えてしまいヤケド(熱傷)のリスクが高くなるので、出力については医師とよく相談しましょう。

 

医療レーザー脱毛はうぶ毛にも効くのか

医療レーザー脱毛でも、うぶ毛をきれいに脱毛できる機械を活用すれば効果が得られます。特に女性は結婚式でドレスを着る際など、いろいろな部位のうぶ毛が気になるものです。事前の相談でうぶ毛もしっかりと脱毛したい旨を伝えておきましょう。

 

 

うぶ毛より濃い毛の方が効果が高いって本当?

例えば露出が多い夏場には、うぶ毛が気になってくることでしょう。しかし一般的にはうぶ毛のような細い毛よりも、濃い毛の方が医療レーザー脱毛の効果を実感しやすくなっています。そのため、うぶ毛を完全に脱毛するとなると、時間がかかる可能性が高くなります。直前に脱毛を始めるのではなく、早め早めに準備をすることをおすすめします。計画的に余裕を持って脱毛を始めれば、満足のいく結果につながります。

 

 

期待する効果によっても変わる!医療レーザー脱毛にかけるべき回数

レーザー脱毛は光脱毛よりも高い脱毛効果を得られますが、一度の施術で完全に脱毛するのは難しく、複数回にわたり施術を受けることが必要です。個人の毛周期にもよりますが、2~3ヶ月ほど間を空けてレーザー脱毛することが望ましく、平均すると5~6回の照射で完了します。
なおレーザー脱毛後に新しいムダ毛が生えてくることがありますが、脱毛箇所から毛が生えてきたわけではなく、今まで休眠していた毛が活動を開始したために生じるものです。この新しいムダ毛の量によっても施術回数が異なるため、何回の施術で完全な脱毛状態となるかは一概に言えませんが、いずれにしても脱毛は複数回受けるものと考えましょう。
医療レーザー脱毛は毛質と部位、期待する効果の程度に応じて施術回数も変動するため、事前に医師に確認しておくと無難です。

 

 

 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る