新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

各脱毛法のメリットとデメリット

各脱毛法のメリットとデメリット
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛は医療レーザー脱毛だけでなく、他にも様々な脱毛法が存在します。
それぞれの脱毛法のメリットとデメリットをまとめましたので、脱毛法選びの参考になればと思います。

光脱毛のメリット・デメリット


光脱毛はフラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、IPL脱毛といった別名称で呼ばれることがあるので紛らわしいですが、いずれも内容は同じです。
レーザー脱毛にように光を照射することで脱毛効果が得られる脱毛法で、レーザーの照射出力が弱いので痛みが少なく、価格が安いというメリットがあります。
しかし、照射出力が弱いということは脱毛効果が薄いというデメリットにもなり、毛が生えてこない状態にするには複数回施術を受ける必要があり、照射出力を上げるとヤケドが発生する可能性が高くなってしまいます。
エステサロンでは法律で「長期的効果のある脱毛」を行うことが認められておらず、照射出力の強いレーザー脱毛を使用することが出来ないため、光脱毛機を使用します。

ニードル脱毛(針脱毛)のメリット・デメリット


ニードル脱毛は、細い針を毛穴に刺して微弱な電流を流し、電気の熱によって発毛組織を破壊する脱毛法です。
レーザー脱毛や光脱毛が登場する前はニードル脱毛が脱毛法の主流となっており、ニードル脱毛は毛を一本ずつ確実に脱毛していくため、永久脱毛性が高いというメリットがあります。
しかし、針を毛穴に刺すため痛みを伴うのがデメリットとなっており、麻酔をすることで痛みを回避することが出来ますが、その分費用が高くついてしまいます。
毛穴に針を刺すという作業は集中力と高い技術力を要するため、脱毛を行うエステティシャンの技術力の差が脱毛効果にも影響してきますし、一本一本針で脱毛していくため時間がかかってしまうのも難点です。
またニードル脱毛を受けるには毛を毛を2~5ミリほど伸ばしておく必要があるため、お肌の露出が多い夏は毛を伸ばすことに抵抗を感じる方も多いことでしょう。
現在は痛みが少なく脱毛効果が高いレーザー脱毛が主流となっていますので、あえてニードル脱毛を選ぶメリットは少ないと言えます。

ワックス脱毛のメリット・デメリット


ワックス脱毛は脱毛専用のワックスを皮膚に塗り、毛とワックスを接着させてはがすことで脱毛する方法です。
ワックス脱毛のメリットは価格が安く、レーザー脱毛や光脱毛では処理が難しい産毛も脱毛出来るという点です。
永久脱毛ではないため一時的に脱毛状態となりますが、しばらくするとまた毛が生えてくるので繰り返し脱毛しなければなりません。
ニードル脱毛と同じように毛を伸ばした状態でないと効果が得にくいため、施術を受ける前に毛を伸ばさなければならないのがデメリットです。
ワックスによってお肌がかぶれることがあるため、お肌が弱い人には向いていません。
各種脱毛方法にそれぞれメリットとデメリットがあります。医療レーザー脱毛を含めてしっかり考えた上で選びましょう。
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る