新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

VIO脱毛の痛みを軽減するための麻酔について

VIO脱毛の痛みを軽減するための麻酔について
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

デリケートゾーンの脱毛を意味するVIO脱毛。デリケートゾーンだけあって痛みが強く、ためらう人も少なくありません。痛みの耐性には個人差があるものの、できれば少ない痛みで脱毛したいものです。今回は、VIO脱毛の痛みとそれを軽減する麻酔について紹介します。

 

VIO脱毛はどうして痛みが強いのか

そもそもなぜVIO脱毛が痛いのかというと、皮膚のメラニン色素の違いが関係しているからです。一般的に医療用のレーザーは、皮膚や体毛が持っているメラニン色素に反応して照射されます。これによりムダ毛が再生しないように発毛細胞を破壊しているわけです。VIOのうち性器と肛門の付近にはメラニン色素が多く、皮膚に対してレーザーが反応してしまいます。デリケートゾーンは皮膚にもレーザーが照射されることで熱が伝わってしまうため、痛みが強くなるというわけです。 それだけでなく、デリケートゾーンは毛が太く細胞が集まっている部分でもあるので、毛量が多い人はより痛みを強く感じます。また、皮膚が薄いのも特徴で、熱や痛みが強く伝わりやすいのです。こうしたVIO脱毛の痛みは、脱毛経験者でさえ声を出すほどとも言います。自分が痛みに弱い人である場合は、事前に相談しておきましょう。

 

マシーンによる痛みの差異

医療レーザー脱毛はマシーンによっても痛みが異なります。その差は、エネルギーの出力具合です。エステサロンなどで行われている脱毛はレーザーではなく光で脱毛をする仕組みですが、光のエネルギーは弱く、その分痛みは強くありません。しかし、エネルギーが弱い分、皮膚や体毛に対して効果がしっかりと伝わりにくい部分もあります。それに対して医療用のレーザー脱毛はレーザーによる脱毛ですから、痛みが強くなる分、充分な効果を発揮できます。マシーン自体もエステサロンなどで導入されているものと比較にならないほど高額ではありますが、それだけ出力の高いエネルギーを照射できるというわけです。ただ、強力なパワーをムダ毛に与えることができる反面、痛みも強いので、気になる人は事前にチェックしておきましょう。痛みを軽減できるマシーンを導入しているところもあれば、医療機関であるクリニックであれば麻酔を使用して施術ができるところもあります。

 

塗る麻酔があるの知ってる?痛みに弱い人は事前に確認しよう

痛みに弱いけれども、医療レーザー脱毛で効率よくVIO脱毛をしたいという人には、麻酔をおすすめします。最近ではお金を払ってでも痛みを軽減したいという女性も少なくないようです。中でも塗る麻酔は、痛みに弱い人にはうってつけです。表面麻酔とも呼ばれていますが、これはクリーム状の麻酔で患部に塗るだけで効果があります。感触は化粧品のクリームに似ていて、患部の神経を一時的にマヒさせることで痛みを軽減することができます。注射などの部分麻酔に比べて、麻酔自体の痛みがほとんどなく、塗るだけで浸透していくので安心です。他にも麻酔やマシーン自体に痛みを軽減するものもあるので、痛みに弱い人は事前に確認しておきましょう。不安を取り除いて、脱毛にのぞんでくださいね。

 

 

 

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

 

 

 

こちらの記事に関連する部位の施術メニューはこちら!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る