新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

乳輪周りの脱毛の注意点

乳輪周りの脱毛の注意点
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

乳輪周りの脱毛は慎重に

乳輪周りの脱毛は、非常にデリケートな箇所ですので、慎重に行うことが大切です。
 
医療レーザー脱毛では、乳輪の色素部位の周囲を照射することが殆どで、乳輪の中などの色素部位はレーザーを照射することができません。
ヤケドのリスクもたかいのでクリニックでの脱毛がお勧めです。
乳輪の中の色素部位にどうしても気になる毛がある際は、針脱毛が確実ですが痛みが強いことと、高額であるのがデメリットでしょう。
 

乳輪周りの脱毛はやさしい器具を利用

乳輪周りの脱毛で最も気をつける必要があるのは、刺激を与えないことです。
刺激を与えることによって黒ずみが発生したりすることがありますので、そのリスクを解消することが乳輪周りの脱毛において注目すべきポイントです。
カミソリを利用する際には、安全装置がついているものを利用したり、肌にやさしいクリームを利用するなど、傷つけた刺激したりすることが極力ないように注意することが重要です。
注意して行っていけばそれ程難しいことではありませんので、自分で行っていくことは十分に可能です。

もし自分でするのが怖い場合はクリニックで

乳輪周りの脱毛を自分で行うのが怖いという方もいると思いますが、無理に自己処理をして肌を傷つけるのはよくありません。
当院でも乳輪周りの脱毛を行っていますので、遠慮なくご相談してくださいね。
乳輪周りの脱毛だけでなく、その他の気になる部位の脱毛も合わせて施術される方が多くいます。
女性にとって乳輪周りの悩みはつきものです。
それを解消するためにいろいろな商品が出ていますが、実際に効果があるかどうかは微妙なところです。
そういったものを利用するよりも、クリニックなどを利用する方が、効果が早く間違いないと言えるケースが多いので、上手く活用することをお勧めします。

乳輪周りの脱毛以外のムダ毛の悩みも一緒に解決していくことで、剃毛の煩わしさから解放されますよ。
 
 
 
 

 

 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る