新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

「ケロイド体質」って何?ケロイド体質のデメリットとレーザー脱毛について

「ケロイド体質」って何?ケロイド体質のデメリットとレーザー脱毛について
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

 

皆さんは「ケロイド体質」という言葉をご存知でしょうか?

 

人によってはこのケロイド体質であり、いくつかのデメリットが存在します。

 

また、レーザー脱毛とも関りがあるため、これからレーザー脱毛を検討されている方はケロイド体質についての理解を深める必要があるのです。

 

そこで、ケロイド体質についてと、レーザー脱毛との関りについて解説します。

 

 

ケロイドとは? ケロイド体質とは?

 

 

「ケロイド体質」とは、皮膚に「ケロイド」ができやすい体質のことです。

 

ケロイドとは、手術やケガで傷ができた際に、それがきれいに治らずに赤く盛り上がったり傷跡が残って目立ってしまうもののことをいいます。

 

通常、皮膚に傷ができると、次第に修復して最終的にはそれほど目立った状態ではなくなるものです。

 

しかし、何らかの理由により線維成分が過剰に増殖することで、皮膚が元の状態に戻らず、場合によっては痛みやかゆみを伴うケースもあります。

 

ケロイド体質の方は、皮膚の傷がケロイド化しやすく、さまざまな症状に悩む可能性が高くなるのです。

 

 

ケロイド体質かどうかを見極めるポイント

 

 

同じケロイド体質であっても、人によって症状の重さは異なるものです。

 

結論を述べると、ケロイド体質であるかどうかを医学的に断定することはできません。

 

ケロイド体質はその発症要因が具体的に特定されておらず、多くの場合は皮膚の状態を見たり本人の自己申告となります。

 

「遺伝しやすい傾向にある」ことはわかっているため、両親のどちらかにケロイド体質が見られれば遺伝する可能性はあるといえます。

 

多くの場合は、本人の自覚によってケロイド体質であるかどうかを判断することになるのです。

 

ただし、前述の通りケロイド体質の方でも人によって症状の出方の傾向や重症度は異なるため、

 

「自分はケロイド体質だ」と思っている方も、客観的に見ると実はケロイド体質ではない、

 

あるいはかなり軽度のケロイド体質であるという可能性があります。

 

ケロイド体質でもレーザー脱毛は受けられる?

 

 

ケロイド体質の方はレーザー脱毛を受けるところによっては、レーザー脱毛の施術を断られることもあります。

 

しかし、ケロイド体質だと自己申告していても、問題なくレーザー脱毛を受けられているケースもあるのです。

 

例えば、以下のようなケースが挙げられます。

 

 

ケロイド体質でもレーザー脱毛は受けられる?

 

 

1つ目のケースは「ケロイドが好発する部位を避けてレーザー脱毛を行う」という方法です。

 

ケロイドは、その人の体質などの条件にもよりますが、基本的に全身どこの部位でも同じ程度のリスクで発症するというわけではありません。

 

例えば、顔や手足はケロイドができにくいとされています。

 

その人の皮膚の状態をチェックし、ケロイドができている部位にはレーザー照射を行わず、比較的安全な部位を中心にレーザー脱毛を行うことが可能です。

 

 

手術痕を避けて施術する

 

 

2つ目のケースは「手術などの傷痕を避けて施術する」という方法です。

 

例えば帝王切開の傷痕のように、大きな傷跡がケロイドとして残っている場合だと、その部位さけ避けて残りの全身の必要な部分でレーザー脱毛を行うという方法を選択できます。

 

また、基本的に「傷痕が薄く残って見える」といった程度であれば、ケロイド体質であるとみなさずに、問題なくレーザー脱毛を利用できる可能性が高いです。

 

重度のケロイド体質は施術が難しい

 

 

逆に、レーザー脱毛を利用することが困難であると判断されるケースもあります。

 

例えば「ちょっとした怪我が太く盛り上がって赤いブロック状になっている」という方の場合は重度のケロイド体質であると判断できます。

 

この場合だと、レーザー脱毛が皮膚に悪影響を及ぼす可能性が高いので、レーザーを照射する範囲を極力制限したり、レーザー脱毛自体をしないほうがいい可能性が高いのです。

 

それほど多くはありませんが、重度のケロイド体質の場合はレーザー脱毛を利用することは難しいと考えた方が良いでしょう。

 

 

自身の判断でレーザー脱毛の是非を問うことは間違い

 

 

ケロイド体質だと、レーザー脱毛に何らかの制限を受けてしまう可能性があることはわかりました。

 

ですが、だからといって「自分はケロイド体質だ」と感じている方すべてが、レーザー脱毛を尻込みしてしまう必要はありません。

 

ケロイド体質にも重症度の違いがありますし、そもそも客観的に見てケロイド体質ではない方も少なくないのです。

 

主観的にケロイド体質を評価するのではなく、皮膚の専門家にしっかりと見てもらい、カウンセリングでレーザー脱毛の是非を判断してもらうことをおすすめします。

 

 

ケロイド体質はでも レーザー脱毛を受けられる可能性は残っている

 

自身が「ケロイド体質だからレーザー脱毛を諦めている」という方は、レーザー脱毛の可能性を捨てないことをおすすめします。

 

当院では ケロイド体質の申告があっても 無事に脱毛を進めていける方がたくさんいらっしゃいます。

 

カウンセリングを受けて客観的にケロイド体質の有無と程度を拝見し、レーザー脱毛の可否や施術可能部位の有無について確認できますので

 

ご安心ください。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る