新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

アトピー性皮膚炎の方の脱毛について

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

「アトピー肌でムダ毛の処理のたびに悪化してしまう」

そういった悩みの方は非常に多いです。

 

アトピー性皮膚炎のような湿疹病変は

「itch-scratch-cycle」

すなわち…… かゆい→かきむしる→もっとかゆくなる→さらにかいてしまう

という悪循環で悪化していきます。

かきこわさなければ炎症も収まっていくのですが、剃毛はひっかくのと同じ。

大なり小なり皮膚にダメージを与えてしまうことになるのです。

 

「脱毛すれば肌に有利!?」

ここでムダ毛に対してレーザー脱毛が強い味方となります。

脱毛が進んでいけば毛を剃る頻度は格段に変わり、剃るときの皮膚への負担も激減するので皮膚のトラブルが少なくなります。

手間が省けるだけでなく、肌にとって有利になるわけです。

回数を重ねて、剃らなくてよいとなれば最高ですね!

毛を剃ることで湿疹が悪くなる方には脱毛は非常におすすめと言えるでしょう。

 

ただ、炎症が強かったり濃い色素沈着がある等、肌の状態によっては脱毛レーザーの照射を避ける部位が出てくる可能性があります。

自分の脱毛したい部分が施術可能なのかどうか?

そういった心配をお持ちの方は、まずはカウンセリングにいらしてください。

必要に応じては肌をチェックして考えてみることができるので、非常に有意義な時間になると思います。
(陰部のようなデリケートな部分は女性看護師がチェックして医師は状態を聞き取りながら判断していくという形をとっています。)

 

 

「脱毛直後の肌は??」

施術後の肌へのケアが気になる人も多いかと思います。

多少の赤みやかゆみであればわりと皆に見られるので、その場合は軟膏を塗布していきます。

その日は変にいじったりしない、あまりあっためすぎないぐらいの注意の下で、大部分はその日で落ち着くことでしょう。

問題になるようなことはまず起きないのでご安心ください。

 

 ただ、アトピー性皮膚炎をお持ちの方の中にごく一部なのですが照射後数時間以上経過した後に強いかゆみと発疹などのアレルギー症状がでる方がいらっしゃいます。

非常にまれな症状なのですが、出るとかなりかゆみがひどい。

なんにせよ症状が強い場合ははやめにご連絡いただければ、と思います。

 脱毛後のアレルギーによる症状について
↑以前書いたブログです。 興味のある方はクリックして読んでみてください。

 

そして最後に……

脱毛レーザー照射後の重要なポイントは「保湿」です。

アトピーの方は乾燥しやすいことがほとんど。

自分の肌に合うものを選び、保湿をしっかり行うことが重要なことは記憶しておきましょう!

 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る