新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

脱毛する時の服装

脱毛する時の服装
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛するときの服装はどういった格好なの?

基本的には白衣に似たようなものを着て行う形になります。
最も気になることとしては、全身脱毛の場合に全裸にならないといけないのか、ということではないかと思いますが、全裸になる必要はありません。
各々の箇所のみを出して、少しずつ行っていきます。
 

服装で心配な時はカウンセリング時に気軽に相談

服装で心配な時には、遠慮せずにカウンセリング時に確認してみてください。
カウンセリングは施術内容の説明もありますが、それ以上に施術を受ける方の不安を取り除くことが大切です。
不安を取り除くためには、不安を話してもらわないといけません。
よって、不安をどんどん言ってもらえることは、カウンセリングを行っているスタッフからしてもやりやすいことです。
不安なことや分からないことをそのままにしないことが大切なのです。

「こんなこと聞いていいのかな?」「こんなこと聞いたら恥ずかしいかな?」というような悩みを抱えたままではなく、どんな些細な事でもいいので遠慮なく聞いて下さい。
もちろんお電話でもお答え出来ますし、契約前の質問なども随時承っています。
 
デリケートゾーンなどを始め、医療脱毛の対応は女性看護師が行います
いくら部分的しか出さないと言っても、恥ずかしさはあると思います。
特にデリケートゾーンの対応は女性看護師にやってもらいたいですよね。
当院では、診察はドクターが行いますが、医療脱毛は女性看護師が対応しますので、心配は無用です。

施術中は出来るだけリラックスした気持ちで受けていると、とても気持ち良いものになってきます。
そういった状況を作るためには、まずはカウンセリングで不安を全てお話していただき、不安のない状態で施術を受けることが大切です。
そして、終わった後は綺麗になった自分に満足して帰ることができます。
脱毛は勇気がいることではありますが、慣れてくるとそれ程勇気がいるようなこともないものです。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る