新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

脱毛法によって異なる脱毛効果

脱毛法によって異なる脱毛効果
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

主な脱毛法として医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)が挙げられます。
以前はニードル脱毛が主流でしたが、レーザー脱毛が登場してからはレーザー脱毛が主流となっています。
脱毛法によってそれぞれ効果が異なります。

効果が高い医療レーザー脱毛

現在主流の脱毛法である医療レーザー脱毛は、メラニン色素に特殊な光を吸収させることで熱が発生し、熱の力で毛根部の組織を破壊して毛の再生をストップ、または毛が生えにくい状態にする脱毛法です。
施術を受けると軽い炎症状態となりますが、「ライトシェア・デュエット」など痛みが少ないタイプのレーザー脱毛機なら日焼けしたような軽くヒリヒリする程度の痛みですので、ほとんどの箇所は痛みを伴いません。
光脱毛に比べて脱毛効果が高いため、少ない施術回数で脱毛効果を得ることができます。
ニードル脱毛では施術を受ける前に毛を2~5ミリ程度伸ばす必要がありましたが、レーザー脱毛は毛を伸ばす必要はありません。
カミソリや毛抜きなどでムダ毛を自己処理するよりも、レーザー脱毛を受けて毛が生えてこない状態にする方がお肌に優しく、自己処理する手間が省けるという大きなメリットがあります。
カミソリでムダ毛を処理する場合は乳液やクリームなどを必ず使用し、お肌を保護しながら処理するようにして下さい。
あまり念入りに処理しぎるとお肌が傷ついて肌荒れの原因となってしまいますので、お肌を傷つけないように優しく処理してあげましょう。
毛抜きをすると雑菌が入って炎症をおこす毛嚢炎(もうのうえん)が発生したり、埋没毛になってしまうことがありますので注意が必要です。

光脱毛の効果

エステによって名称が異なり、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、IPL脱毛といった呼び方もあります。
どれも光脱毛を指しているので施術内容は一緒です。
光脱毛は特殊な光によって脱毛していく方法で、基本的な仕組みはレーザー脱毛と同じです。
レーザー脱毛と比べると光の照射エネルギーが弱いため、痛みがほとんどありません。
ただし、光の照射エネルギーが弱いということは脱毛効果も弱いということですし、エステサロンでは法律で「長期的効果のある脱毛」行為は禁止されていますので、一定値以上出力を上げることは出来ません。

ニードル脱毛(針脱毛)の効果

レーザー脱毛が登場する以前に主流であったニードル脱毛は、細い針を毛穴に刺して微弱な電流を流し、電気の熱で毛根部を破壊する脱毛法です。
一本一本の毛を針で脱毛していくため脱毛効果が高い反面、針を使うため痛みを伴うのが大きなデメリットです。
時間もかかってしまいますし、痛みを伴うため一回の施術でやめてしまう方も多いです。
現在はレーザー脱毛があるためニードル脱毛を行っている医療機関は少ないですが、脱毛効果は高いですが痛みと値段がデメリットとなる脱毛法です。

医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛など脱毛方法と脱毛効果は多種多様ですが、好みや事情にあわせて、自分に最も合う脱毛方法を探してみてはいかがでしょうか。

 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る