新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

自己処理脱毛のリスク

自己処理脱毛のリスク
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

ムダ毛を自己処理する場合は、お肌を傷つけないように注意を払う必要があります。
事故処理の方法は、カミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛ワックス、脱毛テープを使用するといった方法があります。
自己処理による脱毛にはリスクが伴うため、各自己処理の注意点を解説します。

カミソリによる脱毛


最もスタンダードな自己処理の方法として多くの方がカミソリを使用したことがあるかと思います。
毛根自体を除去するわけではなく、表面的に体毛を除去するだけなので数日するとまた毛が生えてきます。
注意点はあまり深く剃ったり何度も剃ったりすると、カミソリ負けして肌荒れになってしまう点です。
カミソリは体毛を除去する際に皮膚も同時に傷つけてしまうため、入念に剃るとカミソリ負けしてしまいます。
お肌が乾燥している時にカミソリを使用すると肌荒れが生じやすいため、剃毛する場合は乳液やクリームなどでお肌を保護し、剃毛後は保湿をしてお肌をケアしてあげましょう。
また、医療レーザーを検討されている場合は、1~2ヶ月前から抜毛を控えて下さい。

毛抜きによる脱毛


毛抜きは毛根から抜き取りますが、また新しい毛が生えてきます。
カミソリと違って毛抜きには痛みが伴いますし、毛穴に雑菌が入ってしまうと毛嚢炎になり、ニキビが発生してしまう恐れがあります。
埋没毛になってしまうこともあるため、カミソリでの処理と同じようにあまり入念に行うのは避けた方が良いでしょう。

除毛クリームによる脱毛


除毛クリームはアルカリ性の薬剤を塗付してムダ毛を溶かすという仕組みで、薬局で購入することが出来るので自宅で出来る簡単な脱毛法として知られています。
アルカリ薬剤を使用するため、お肌が敏感な方はかぶれたり炎症が発生することがあるので使用には注意が必要です。

脱毛ワックスによる脱毛


脱毛ワックスは脱毛用の粘土の高いワックスで、肌に塗布した後に乾燥させ、ムダ毛ごと剥がすという仕組みです。
ワックスは温かく、皮膚の温度を高めて毛穴を開かせてから毛根部からムダ毛を抜き取ります。
毛根部からムダ毛を抜き取るため、カミソリよりもしっかりと除毛出来ます。
皮膚にワックスを塗布して剥がすため、かぶれたり炎症が発生することがあり、剥がす際に痛みを伴うのが注意点です。
また、毛抜きでの除毛と同様に埋没毛になってしまう可能性もあります。

脱毛テープによる脱毛


脱毛テープはシート状のテープを貼り、テープを剥がす際にムダ毛を抜き取る方法です。
脱毛ワックスと原理は同じですが、脱毛ワックスは皮膚の温度を高めて毛穴を開かせてから抜き取る方法で、脱毛テープ自体に皮膚の温度を高める効果はないため、あらかじめお肌を温めることで効果を高めることが出来ます。剥がすという行為にはやはり痛みが伴いますし、埋没毛になる可能性もあります。
 ムダ毛を自分で処理することはできますが、痛みや炎症などリスクもつきものです。安心・安全でムダ毛処理をしたい方は専門の医療スタッフによる医療レーザー脱毛をご検討してみてはいかがでしょうか。
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る