新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

新しい方式の蓄熱式脱毛機って効果はどうなの?

新しい方式の蓄熱式脱毛機って効果はどうなの?
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛の契約時によく気にされるポイント

効果的な脱毛を行うためには施術する人の技術も大切ですが、一番重要なのは使用する脱毛機の性能ではないでしょうか。
でも新しい脱毛機が本当に効果があるのかちょっと不安にもなりますよね。
今回はまだ新しい脱毛である「蓄熱式脱毛」の効果と、実績のある熱破壊式脱毛の新旧の脱毛機器のそれぞれの特徴についてご紹介します。

蓄熱式脱毛ってどういう仕組み

新しい考え方の脱毛機器として話題の「蓄熱式脱毛」ですが、現在主流となっている脱毛方式には蓄熱式と熱破壊式があります。脱毛機器の一般的なイメージとしてはムダ毛に強いレーザーを照射して、毛根の細胞を破壊することでムダ毛を取り除くというものですが、一発ずつの強いレーザー照射で行うのが熱破壊式で、何度もレーザーを照射して行うのが蓄熱式の特徴です。熱破壊式の場合は強いレーザーで一度に毛根の細胞にダメージを与えることができるため、すぐに毛が抜け落ちます。機器によって異なりますが、施術をするときに多少の痛みを感じることがあります。蓄熱式脱毛の場合、毛根の細胞を直接破壊するのではなく体毛に栄養を与える「バルジ領域」という部分をターゲットにしており、熱破壊式に比べると弱いレーザーを何度も照射することで体毛の成長を阻害し、自然と弱らせて抜け落とす仕組みになっています。直接的に細胞を破壊しないので毛が抜けるまでに時間はかかりますが、施術中の痛みが感じにくいといわれている方法です。

 

新しい脱毛機器のデメリット

どんなものでも新しいものは技術の進歩によって便利で効率的になっていくものですが、直接身体に影響を与える機器の場合は本当に使って大丈夫なのか、効果があるのかという面での信頼性も大切な要素です。最新の脱毛機器である蓄熱式脱毛についても、施術方法としては痛みが少なくストレスのない脱毛ができますが、新しく確立された方法のため症例数が少なく長期的な効果がまだわからないという懸念はあります。新しい脱毛機や脱毛方法なので 10年後にムダ毛がまた生えてきてしまうかなどの検証はもちろんまだできていません。また、体毛の成長や量、太さなどには個人差も大きいですから、多くの人に対して同じように脱毛効果があるのかも確認ができていないのが現状です。これらの懸念については今後症例が増えていけば自然と解消されていく問題かもしれませんが、不明瞭な部分がまだ残っているという点は踏まえて、クリニックや脱毛機器を選択した方がよいでしょう。

 

まとめ

まだ新しい方式の蓄熱式脱毛機と実績のある熱破壊式の脱毛機器は、どちらも一長一短ありますが、実績が豊富で脱毛効果が確認されている熱破壊式の脱毛機器を選ぶか、あたらしい方式の蓄熱式の脱毛機器を選ぶか、効果の感じる回数であったり照射範囲であったり、さまざまな知識を得た上で判断を進めたほうがよいでしょう。
当院では実績のある熱破壊式のライトシェアデュエットを使用し、機械の特性を十分に生かし、効果を最大限出す脱毛を行っています。保証制度も充実していますので、まずはカウンセリングからはじめてはいかがでしょうか。

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る