新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛の間隔  ~どのくらいあけるの?~

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

「一度レーザーをあてた部分は次いつやるのがよいのか?」

この問いについてはいろいろな意見があります。

毛周期がどうのこうの、といろいろな説明あるわけですが・・

難しい話を抜きにして考えても、この照射間隔という話は意見が分かれます。

 

 半年、6か月程度あけなくては、なんていうことを言う人もいたり

4カ月だ、だとか2か月だ、だとか

いや、間隔はあければあけるほどいいんだ、だとか

諸説入り乱れています。

施設によって微妙に意見が分かれるところなのです。

 

 あと、体と顔でも違ってきます。

顔の方が短い間隔での照射可能、と伝える施設がほとんどでしょう。

 

 

「ドクター松井クリニックではどんな感じ?」

上記したようにいろいろ意見は分かれるところですけれども

当院では 体の場合は2~3か月くらい

顔の場合は1~2か月くらいで

最初は進めていくことができる、と説明しています。

ただ、きちんとレーザーを適切なエネルギーであてていくと

だんだん毛の伸びが遅くなってくることが多いです。

だから、繰り返して行った場合には後の方では少しずつ間隔を長くしていくようにしています。

 

 

「 期間が長くなる分にはOK」

ただ、上記した様な間隔で行っていくことは可能ですが

間隔が多少長くなってしまう分にはあまり気にしなくていい、というように僕は説明しています。

なにか肌にトラブルが起きたり、どうしても日焼けをしてしまった、という場合には

前回から何カ月の間にまたレーザーをうたなきゃ、なんていうのはなく

皮膚の状態が落ち着くのを待ってから照射を行っていくほうが

明らかに効率も良いし、肌にとってももちろん有利です。

状態によってはあわてず、勇気を持って間をあけることも必要ですね。

特に日焼けは色が落ち着いてから行うに越したことはありません。

 

 

「間隔が短いのはNG」

長い分にはいいけど反対に短いのは×です。

医療レーザー脱毛は効果がいい、なんて言っていても

間隔が短すぎると1回1回の効果はかなり落ちます。

だいたいこのくらいあけて照射しよう、というのをこちらから伝えますので

「その期間+α」はOKだけど

短い期間でなんとかやろう、というのはおすすめできないのです。

周期が、周期が、という人が必ずいるのですが、僕はこんな風に説明、実施しています。

せっかく行う医療脱毛、効率よく結果を出していくため、うまく行っていきましょう!!

 

 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る