新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

目頭切開の効果を検証しよう 2

前回の続きです!
昨日は両目の変化の写真および左目のアップのお写真を掲載しました。
今回は右目のアップのお写真を見ていきます。
みぎ 手術前
みぎ 1か月
上が手術前
下が約1か月半。
目の変化としては昨日書いた通り。
蒙古ヒダで引っ張られ、突っ張った部分の皮膚によって隠されたところ
(赤い粘膜部分)が出てくる感じ。
今回 右目アップでよく観察してみようとしている部分は
傷の部分です。
傷の下部が、まだ目立つ感じ。
赤さというか、茶色さというか。
すっぴんだとわかりますね。
この段階では、化粧でうまく隠していくことが重要です。
目頭切開を行った場合、ここが大変と言えば大変かもしれません。
そして、うまく化粧で隠しながら、時間をおいてみてみなくてはいけません。
たいていは3~6か月くらいで落ち着きますが
長い場合、1年弱くらいまで変化があることあります。
また、どうしても残る場合、手術的に処置することもあります。
実際、まれではありますがこのお写真の方よりも、赤く盛り上がって傷が残るケースもありえるはありえるのです。
その確率があるのが、目頭切開の弱点ではありますが
ヒダのない目を獲得できる、という利点と
メリット、デメリットで比較していただいて考えていく必要があります。
しっかりと考えて手術を決定していくことが大事ですね。
ということで
また次回に続きます!!
>ちいさん
そうですね、目頭切開を行うと
目としては
かわいい系→美人系への変化とは言えます。
シミュレートしてみて
違うかな!?と感じたときは、手術しないほうが良いかと思います。
そこで踏みとどまる勇気もまた重要です。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る