新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛の前にしてはいけないこと

医療レーザー脱毛の前にしてはいけないこと
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛の前にしてはいけないことってどんなこと?

医療レーザー脱毛の前に、最もしてはいけないことは、ムダ毛処理です。
ムダ毛処理の中でも、剃ることは大丈夫なのですが、抜くという行為は行ってはいけません。
医療レーザー脱毛は、黒いメラニンに反応します。
つまり、これが毛根なのです。
抜くという行為を行ってしまうと、毛根がなくなってしまいます。
毛根がないと、光を照射することができずに、医療レーザー脱毛の効果が全くない状態になってしまいます。
医療レーザー脱毛の効果を最大限発揮するためには、抜くというムダ毛処理は行ってはいけません。

医療レーザー脱毛は肌荒れなどがあっても大丈夫なの?

基本的には、肌あればあっても対応できます。
しかし、肌の状態によって異なってきますので、まずはカウンセリングを受けて、それからの判断ということになります。
医療レーザー脱毛はクリニックで行いますので、きちんとした医療従事者が対応してくれます。
よって、あらゆる肌のトラブルに対して知識を持っており、医療レーザー脱毛を受けることができ状態かどうかを判断してくれます。
自分で勝手な判断をしないこと、というのも大切なことです。

医療レーザー脱毛はクリニックでの指示をしっかりと守ること

医療レーザー脱毛を受けるにあたって、医師や看護師の指示をしっかりと守ることが大切です。
エステなどでは、いろいろな知識のエステティシャンが対応していますが、医療機関の場合は、医療行為となりますので、しっかりとした知識を持った人が対応しています。
指示をしっかりと守って行うことが大切です。
医療レーザー脱毛は、それ程危険なことではありませんし、大きなリスクはほとんどない治療です。
しかし、効果を実感するためには、医師や看護師の指示をしっかりと守ることが大切なのです。
永久保証に関しても、大前提は医師や看護師の指示に従って治療を受けたことが必要ですので、注意しましょう。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る