新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

肌が弱くても脱毛して大丈夫?医療脱毛なら安心して受けられます!

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

あなたは今肌が弱くても脱毛して大丈夫か悩んでいませんか?本記事ではそんな方のために肌が弱くても脱毛して問題ないかを解説しています。

医療脱毛を受けるメリットと脱毛を受ける際の注意点についても解説しているのでぜひ最後までお読みください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、肌が弱いという方でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

肌が弱いという方で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

肌が弱くても脱毛は受けられるのか?

肌が弱いという悩みを抱えている方の中には、脱毛を受けられるのか分からないと思う方や、脱毛を行うことを不安に感じる方もいらっしゃると思います。

ここでは実際にどうして肌が弱い方が脱毛を受けられないというイメージがあるのかご紹介します。

肌が弱い方の多くが脱毛が受けない理由

脱毛には大まかに分けて三つの方法があります。

一つは、家でカミソリや脱毛クリーム、家庭用脱毛器を利用して行うセルフ脱毛。

二つ目は、光脱毛などのレーザーを用いて脱毛を行う美容サロン。

三つ目は、専門的な知識を持った医師が、専用の機械でレーザー照射を行ってくれる医療脱毛です。

一つ目のセルフ脱毛は、肌を傷つけてしまったり刺激してしまうため、知識がないとその後に肌トラブルが起きてしまうことが多く、肌が弱いという方にはあまりおすすめ出来ません。

二つ目と三つ目も、どちらもレーザーを用いた施術を行うため施術中に痛みを感じたり、赤くなってしまうことがあるため、肌が弱いと敬遠されがちです。

そのため、肌が弱いと脱毛が受けられないというイメージがついてしまっているのです。

不安な方には医療脱毛がおすすめ

脱毛の三つの方法を紹介しましたが、医療脱毛なら肌が弱い方でも安心して受けて貰うことが出来ます。

医療脱毛では事前に不安な要素を伝えておけば、施術の前にカウンセリングや診察を行って貰うことができ、その際に脱毛を受ける際のリスクや不安な要素への対応方法を教えて貰えます。

そうすることで安心して、脱毛を行うことが出来るので是非脱毛を選ぶ際には検討にしてみてください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、肌が弱いという方でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

肌が弱いという方で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

医療脱毛の後に出やすい肌のトラブル

医療脱毛をおすすめしましたが、その際に出やすい肌のトラブルのリスクについても知っておきたいですよね。

ここからはそんな医療脱毛の後に出やすい肌のトラブルについてご紹介していきます。

火傷

医療脱毛の後に出やすい肌のトラブルの一つ目は火傷です。

火傷が起きることはほとんどありませんが、医療脱毛では強い出力のレーザーを照射して毛根や周辺の組織を破壊してムダ毛が生えてこないようにするため、肌の弱い箇所に照射すると火傷してしまうことがあります。

もし、火傷が出てしまったという場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

腫れ

医療脱毛の後に出やすい肌のトラブルの二つ目は腫れです。

火傷と同じようにレーザーの照射により炎症が起こり、赤みや腫れが出てしまうことがあります。

赤くなる程度は、よく起きる症状なので気にしなくてもいい場合がありますが、不安な場合は医師に相談するといいでしょう。

色素沈着

医療脱毛の後に出やすい肌のトラブルの三つ目は色素沈着です。

レーザーの照射を行って、炎症や腫れが出てしまうとその部位に色素沈着が起きてしまうことがあります。

そうならないためには、施術後は勿論のこと、日頃から保湿やUVカットを行って肌を守る意識を持つことが大事です。

毛嚢炎

医療脱毛の後に出やすい肌のトラブルの最後は毛嚢炎です。

脱毛によって起こる毛嚢炎は、脱毛したときのレーザーの刺激により毛穴に傷ができて、そこに黄色ブドウ球菌などの菌が入ることが原因で炎症が引き起こされます。

見た目がニキビによく似ていて毛穴のある位置に、中央に膿を持った皮膚の盛り上がりができ、周辺にも赤く腫れた膿を持った発疹ができます。

施術後や施術前にカミソリで自己処理した場合に出ることが多いため、これも出来てしまったらすぐに担当の医師に相談するようにしましょう。

肌が弱い人が医療脱毛を行うメリット

脱毛を選ぶ際にはリスクを知ることも大事ですが、その方法のメリットを知ることも比較する上で大切です。

そこで、ここからは肌が弱い人が医療脱毛を行う際のメリットについてご紹介していきます。

自己処理を行わなくて良くなる

医療脱毛を受けるメリットの一つ目は自己処理を行わなくてよくなるという点です。

自宅で行えるセルフ脱毛は、気軽に行えてコストもあまり掛からないですが、先ほどご紹介した毛嚢炎や、炎症などの肌トラブルに繋がってしまうことがあります。

医療脱毛を受ければ毛自体が生えてこなくなるため自己処理を行わずに済むため、そういったリスクを排除できます。

たとえ一度目は起きなくても、大丈夫という訳ではなくセルフ脱毛ではすぐに毛が生えてきてしまったり、あまり効果が出ないことも多いため何度も行わなければならず、その際に毎回リスクが重なります。

また、自己処理を行った後の毛の生え始めのタイミングでは、チクチクとした毛が肌を刺激してしまい強い痒みが出てしまうことがありますが、そうしたデメリットも防ぐことが出来ます。

肌トラブルが起きても対応してもらえる

医療脱毛を受けるメリットの二つ目は肌トラブルが起きても対応してもらえるという点です。

そもそも医療脱毛では事前に診察を行うため、他の脱毛に比べて圧倒的に副作用が起きにくいですが、症状が出てしまったときにもすぐに対応してもらうことが可能です。

セルフ脱毛やサロンであれば、肌トラブルが起きてしまった場合は施術が中断され自分で病院にいくか、症状の度合いが低ければ放置してしまい重症化してしまうリスクがありますが、医療脱毛であればすぐに再診を行い、薬を処方してくれたり、酷い場合は連携している皮膚科などを紹介してくれるところもあります。

そのため、他の脱毛方法に比べて安心して脱毛に通うことが出来ます。

医療脱毛を受ける際の注意点

では最後に、医療脱毛を受ける際の注意点についてご紹介したいと思います。

事前に医師に不安なことを聞いておく

医療脱毛を受ける際の注意点の一つ目は予め不安な内容について脱毛クリニックの担当の医師に聞いておくことです。

不安なことのリスクについて知っておくことは、安心して施術を受ける上で大事なことです。

もし、肌が弱くて脱毛に不安があるという方は予め医師に相談し、診察をしてもらってから施術を行って貰う方が後々問題が起こりづらいためおすすめです。

パッチテストを受ける

医療脱毛を受ける際の注意点の二つ目は、パッチテストを受けることです。

医療脱毛では事前のカウンセリングの他に脱毛器のテスト照射を行うことが出来る場所が多いです。

痛みや脱毛器との相性などを判断するために行われるものですが、肌が弱いという方は事前にこれを受けさせてもらい1〜2週間ほど様子をみて問題がなければ施術してもらうようにするとあとで問題が起きてしまうといったトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

脱毛に不安を感じている方にはこれで実際試してみることで安心する方も多いので不安な方ほど受けておくようにしましょう。

セルフケアを行う

医療脱毛を受ける際の注意点の三つ目は、セルフケアを行うことです。

医療脱毛は、医師が扱う器具のため出力が高く短期間で効果が出やすいというメリットがあります。

しかし、その反面一回の刺激が強いため、セルフケアを行っておくことは肌のトラブルを起こさず、脱毛を続けることに置いて大切です。

特に肌が弱いという方は、他の人に比べて強い刺激を受けると炎症が起きてしまう可能性が上がるため、普段から肌に刺激を与えないようにしたり、保湿を行ったり、紫外線から肌を守るということが大事です。

施術の際に医師に相談するとあなたにあったセルフケアの方法を教えて貰えう事も出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、肌が弱くても脱毛は受けられるのか?というお悩みや、医療脱毛の後に出やすい肌のトラブル、肌が弱い人が医療脱毛を行うメリット、そして医療脱毛を受ける際の注意点について詳しく解説させていただきました。

もし医療脱毛を受けたいけど肌が弱くて心配だという方や、まだどの脱毛方法で脱毛しようか悩んでいるという方は新宿の医療脱毛専門の「ドクター松井クリニック」を検討してみてください。

また別の肌トラブルの悩みがある方に向けた記事を投稿していたり、相談も行っているので脱毛を受けたいけど心配なことがあるという方は是非そちらも合わせて参考にしてみてください。

「ドクター松井クリニック」は医療脱毛の専門クリニックということもあり、肌が弱いという方でも脱毛にきめ細かく対応することができます。

肌が弱いという方で脱毛を希望される方はまずは、「ドクター松井クリニック」にご相談ください。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る