新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛の仕組みについて

医療レーザー脱毛の仕組みについて
記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

脱毛をしようと思い、サロンや美容クリニックを探してみると実に様々なコースがあり、値段にもバラつきがあることに気付くでしょう。脱毛サロンでは数百円で受けられる施術がある一方、クリニックでは数十万円にもなるコースがあり、ついつい安いほうに目が向いてしまうという人も多いでしょう。しかし、その内容には大きな差がありますので、正しい知識をつけて自分に必要な脱毛を選ぶことが重要です。今回はクリニックで受けられる医療レーザー脱毛についてご紹介します。

 

レーザーで一網打尽!毛根を破壊する仕組みとは?

クリニックで使用する脱毛用のレーザーは、特定の色や物質のみに反応して働きかけます。その性質を利用して黒色にのみ反応する波長の光を当て、毛根の黒い色素(メラニン)にのみ集中的に熱を加え毛根を破壊するというのが医療レーザー脱毛の仕組みです。レーザーを当てると皮膚の下の黒い毛が熱を吸収され、毛を伝導体として毛包(毛根を包む組織)すべてに熱が伝わり、毛を作る組織が破壊され毛が生えなくなるのです。サロンで行われているフラッシュ脱毛も、毛根のメラニンに反応させてケアをしていくので基本的にはそのメカニズムは同じです。しかし、毛根に働きかけるパワーに大きな差があり、フラッシュでは一時的な効果ですが、レーザーの場合は永続的に効果が続くことが期待できます。また色素に反応するため、毛を伸ばさなくても施術ができるという特徴もあります。

 

日焼けや色素沈着はレーザーの威力を弱めてしまう

医療レーザー脱毛はどんな場所にも使えるわけではありません。レーザーは黒い色素すべてに反応してしまうので、色素沈着が濃い部位、例えば乳首や性器の周りなどには医療レーザー脱毛はあまり効果が期待できません。同様の理由でホクロや濃いシミ、アザがある部分もレーザーの威力を実感できないかもしれません。また、日焼けをした肌にはレーザーを当てられない場合があります。日焼けをした後の肌はメラニン色素が活性化しており、その状態の肌にレーザーを当てると火傷を負ったような状態になってしまうためです。照射を行うにしても、肌トラブルを避けるためにレーザーのパワーを落として施術を行うことになりますので、狙ったような効果が出にくくなります。ほとんどのクリニックでは日焼け後のレーザー照射は制限しており、日焼け後2~3ヶ月は脱毛できないということも珍しくありません。

 

レーザーにもいろいろ種類がある

それだけの威力を持つレーザーですが、実はレーザーにもいろいろな種類があり、部位によって使い分けることで更に効果を発揮する場合もあります。肌への負担を減らすために短時間で施術できるように照射範囲を広げたもの、照射と同時に冷却を行い痛みの軽減を狙ったもの、あるいは濃いヒゲにも対応できるように深部までレーザーが届くものなど(大きく分けて6種類のレーザー)が使われています。クリニックではカウンセリングで丁寧にヒアリングを行い、肌の状態や希望の仕上がりに合わせて適切なレーザーを選んでもらえます。不要な肌トラブルを避け、効率的に効果を実感したい!という人には医療機関で行う医療レーザー脱毛は向いているのかもしれませんね。

 

 

 

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

 

 

 

 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る