新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛の副作用について 

記事監修医師プロフィール

ドクター松井クリニック院長

松井彰一郎まついしょういちろう

2000年 山梨医科大学医学部卒業
国立国際医療センター形成外科勤務
2003年 ユーロクリニーク入局
2006年 湘南美容外科クリニック大宮院(さいたま)院長就任
2011年 ドクター松井クリニック院長就任

10,000件以上の施術経験を活かし、「すべての患者様に安心して任せたいと実感していただけること」をモットーに日々施術しております。

当院の医療脱毛は、最新鋭の最新鋭のレーザー機器ライトシェアデュエットを使用し、患者様に応じて最適な照射方法や対応を日々、追及しています。

患者様のお悩みや要望に応じて、脱毛レーザー機器の出力や照射の仕方など的確に使い分け、脱毛の効果を極限まで高める努力をしています。
アトピーやニキビ、ケロイド、てんかんなど他院で脱毛を断られた方も、当院では多くの施術経験がありますので、お気軽にご相談ください。

ドクター松井クリニック 松井です。

 

いろいろな施術に対し、多少なりとも「副作用」というものがあります。

「作用」はこの場合もちろん 毛が無くなっていくことですね。

医療脱毛はエステ脱毛に比べて効果が高い、という話をネット等でよく目にすると思いますが、効果が高い、はもちろんこの「作用」=「脱毛」の能力が優れているということです。

 

それに対して・・起こってほしくない出来事が「副作用」です。

レーザー脱毛のための光線照射でもそれはあるわけです。

 

 

ごく一時的で誰にでもありうる副作用もあります。

レーザーを当てたときの痛みや、その後ちょっとだけでる赤み等といったものです。

このあたりはどうしてもみんなにあるもの。

かゆみをともなったり、ややひりひりしたり、なんていうものもあってもおかしくないし、問題もないです。

 

 

それに比べてほとんど起きない副作用、というものもあるのです。

広くやけどになったり、にきびが多く出たり。

あとは時々ネットでも目にするようになったのではないでしょうか、毛が増えたり、太くなったりする現象=「硬毛化」というものであったり。

これらは日常、頻繁には目にしません。

「やけど」なんて直感的に考えるとまあまあ起こりそうなものですが、実際はなかなか起きません。

こういった厄介な副作用がほとんど起きないからこそ、レーザー脱毛というものが様々な施設で成り立っている、ともいえます。

ほとんどの人にとって、おそれすぎるほどの確率のものではないのは確かです。

 

ただ、日々診療続けて通算で大人数が通って来れば、少ない割合ながらも副作用は存在します。

ごくまれにしか起きない、といっても

”そういったときに的確な処置をしてくれるのかどうか?”

そこは大きなポイントであり、クリニック選びにもかかわってくる常用な部分だと思います。

 

 

脱毛という分野は世の中で定番となり、昔にくらべ医療脱毛も非常に一般化した今

施術を考えている人、経験者の人数は飛躍的に増え、さらには全身脱毛という言葉も浸透しているくらい施術箇所が全身に及ぶことも多くなりました。

当院も新宿というアクセスの良い土地柄、様々な人が来られます。

全身脱毛を希望される方もたくさんいらっしゃいます。

そのたくさんの人たちに、より安全に施術を受けて欲しいという考えのもと、我々は日々をブラッシュアップし、術後の指導も行っています。

そういった一環として、このブログでも

医療脱毛時の副作用について”どうしたら起こりにくくできるのか?”という部分も含め、脱毛コラムとして色々と記していこうと考えています。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る